外壁塗装の施工事例

埼玉県上尾市 外壁塗装 コーキング打ち直し 付帯部塗装

  • Before

  • After

担当からのコメント

前回の外壁塗装から12年経過していたA様邸。

外壁は経年劣化で黒ずみ汚れが発生し、破風板などの付帯部分は、塗膜が剥がれてボロボロになってる様子でした。

このような状態は、塗膜が経年劣化で寿命を迎えている証拠なので、外壁塗装を検討するタイミングとなります。

まずは足場を組み立て、高圧洗浄機を使い、外壁の洗浄作業を行います。

塗装面に汚れやホコリが残っていると、塗膜がうまく下地に密着できず、塗料本来の耐用年数よりも早く塗装が剥がれてしまうので、塗装をする前には、入念に高圧洗浄を行っていきます。

弊社では、外壁塗装をできる限り長持ちさせられるよう、外壁の隅々までていねいに洗浄するよう徹底しております。

洗浄作業を終え、塗装面以外を塗料で汚さないために養生作業を行い、塗装を行う前にコーキングを使って補修を実施しました。

A様邸はモルタル外壁ですので、経年の他、色々な要因により、ひび割れが発生してしまいます。

そのような場合、コーキングを用いて、ひび割れを埋める必要があります。

コーキング補修までの作業を完了させ、外壁の塗装作業に入っていきます。

塗装をするときには、塗りムラが出ないよう細心の注意をはらい、繊細な調節をしながら手作業で丁寧に行っていきます。

一見単純作業に見えるかもしれませんが、この手作業に機械では実現できない職人技が詰まっているのです。

外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りが必要です。

まずは下塗りを終え、2度目の塗装作業である中塗りを行います。

事前に養生を行っているので、塗装面以外を塗料で汚す事なく、塗装作業に集中できました。

中塗りで塗った塗料が十分に乾いた事を確認し、3回目の塗装作業である上塗りを行います。

ブラウン系の色で塗装を行い、外壁塗装の工事を終えたA様邸はとてもモダンな印象に仕上がリました。

付帯部分は黒の塗料で塗装したので、外壁の色に対するアクセントになり、全体的にとても引き締まリました。

 

 

 

施工内容外壁塗装、付帯部塗装、コーキング打ち直し
使用材料パーフェクトトップ
工事日数13日間

  埼玉のお客様の声

もっと見る