外壁塗装の施工事例

埼玉県春日部市 外壁塗装 クラック補修工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

この度外壁塗装をご相談いただいたのは、新築時から18年ほどが経過する住宅にお住まいのS様です。
S様はお住まいの購入時に施工業者から「築10年くらいのタイミングで外壁塗装をするのがおすすめです」と説明を受け、今回は2回目の外壁塗装になるそうです。
施工前にご自宅の方に点検にいくと、外壁表面の汚れが目立ってきている状態であったことや、塗膜が剥がれている様子が確認できました。
塗膜が剥がれるのは、塗料が寿命を迎えて劣化しているサインとなり、今回塗装をするタイミングとしては適切だったかと思います。
塗装前に、まずは、高圧洗浄にて外壁に付着している汚れを洗い流していきます。
外壁塗装をしていく上で、事前の洗浄は欠かせない作業となります。
外壁の汚れが残ったまま塗装をすると、塗膜の密着度が弱くなってしまい、塗料が本来持っている寿命より短い期間で塗膜が剥がれてしまうのです。
外壁塗装をできる限り長持ちさせるために、塗装前の高圧洗浄が大事になってきます。
洗浄を終えると、モルタル壁に付着していた汚れやカビはだいぶ一掃されました。
これだけでも従来の姿とはだいぶ変わり綺麗になります。
高圧洗浄を終えると、次はクラック補修工事に入ります。
クラックとはひび割れのことで、S様邸のようなモルタル外壁は、経年劣化でクラックが生じやすいのです。
モルタル外壁にクラックが生じている場合、塗装作業の前にコーキングでひび割れを埋める補修作業を行います。
S様邸でも、一部の外壁にクラックが見られたため、補修をしてから塗装を実施しました。
クラック補修工事を終え、実際に外壁塗装に入っていきますが、まずは下塗りから初めていきます。
下塗りとは、外壁塗装における1回目の塗装工程です。
下塗りには下塗り専用の塗料があり、外壁下地と上塗り塗料を密着させる役割があります。
もし下塗りをせずに施工を行うと、上塗り塗料がうまく外壁に密着できず、本来の耐用年数より短い期間で剥がれてしまいます。
外壁塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる、3回の重ね塗りで塗装していく事が基本になります。
下塗りが完了し、次は2度目の塗装作業である中塗りを行います。
中塗りで使用する上塗り塗料は、下塗り用の塗料とは異なる役割を持っています。
その役割とは、外壁を雨水や汚れから保護することです。
上塗り塗料には、防水性や耐汚染性などの性能が備わっており、外壁は上塗り塗料で雨水や汚れから保護されます。
下塗り塗料と上塗り塗料、どちらが欠けても高品質な外壁塗装はできません。
中塗りで塗った塗料が十分に乾いたら、3度目の塗装作業となる上塗りを行います。
施工前には塗膜が剥がれるほど劣化していたとは思えないほど、外壁はピカピカに仕上がリました。

施工内容外壁塗装 クラック補修工事
使用材料パーフェクトトップ
工事日数14日間

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る