外壁塗装のFAQ

塗装しないとどうなりますか?

2021.7.19

塗装は建物を長く維持していくために必要なメンテナンスです。

 

外壁や屋根に色をつけていくだけが塗装の目的ではなく、外壁や屋根に塗料の膜をつけて水の浸透を抑える役割もあります。

 

外壁や屋根に使用する塗料は撥水性があり防水性があります。塗装が劣化すると塗料の防水性は低下し、水が浸透してくるため壁内に水が入り込み構造体を腐食をさせてしまう恐れがあります。

 

また、木造住宅の場合は木を餌とするシロアリを寄せ付ける原因にもなりますので注意が必要です。柱や土台、梁など構造体をシロアリに食べられてしまうと修復する規模と費用の負担が大きくなってしまいます。鉄骨造やRC造に関しても壁内に水が入ることで鉄骨柱やコンクリート内の鉄筋をサビさせてしまうため建物によくありません。このように塗装が劣化すると建物の状態を悪くさせてしまいますので、定期的に塗装をしていくことが大切です。

 

また、水が屋内に入るということは雨漏りを引き起こしている状態です。

 

雨漏りはすぐに目の前で起きるとは限りません。目に見えないところで徐々に水が入っていることもあり、知らないうちに木材を腐らせてしまっているケースもあります。

 

室内にまで水が流れてくると生活に支障をきたしてしまいますし、修理するにも雨漏りは原因が複雑になりやすく工事規模が大きくなってしまう傾向にあります。なるべく雨漏りが起きる前にメンテナンスをしておくことが重要ですので、劣化している状態を放置せずに定期的に塗装をしましょう。

 

ケイナスホームは無料で建物の診断をしておりますのでメンテナンスの際はぜひご利用ください。

詳しくはこちらの「屋根外壁0円見積もり 」をご覧ください。

***

埼玉のお客様の声

もっと見る