現場レポート

さいたま市にて、外壁塗装の下地処理、コーキング作業を行いました。

2019.1.29

さいたま市にて、外壁の下地と、コーキング交換工事をしました。

築25年のお宅で、コーキングはひび割れが目立ち、下地のモルタルもひび割れが目立ちます。

しっかりとケアしていかないと、どんないい塗料を施工してもすぐ劣化するため、下地処理は細部まで行います。

コーキングは、既存のコーキングをすべて撤去して、養生してから、コーキング剤を施工します。

コーキングは一定の厚さが必要で、既存のコーキングの上に塗っても厚さが足りず、固まりません。
そうすると、コーキング剤はべたべたのままなので、そこに誇りやごみがついて、目地が汚れた外壁になってしまいます。

基本中の基本ですが、そういうところも手を抜かない業者選びをしたものですね。

2回目の塗装ですが、劣化が目立つため、下塗りは2回行う予定です。

外壁塗装、屋根塗装、住宅の修繕、外装リフォームのことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談下さい。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る