漆喰工事

経年劣化した漆喰を補修し、瓦屋根を健全に保つ

漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われており、日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」の白壁にも漆喰が用いられています。 漆喰は頑丈で耐水性に優れているので瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど様々な場面に用いられてきました。
瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられていますが、他の屋根材と同様、漆喰も風雨や寒暑、直射日光に晒され続けているため、時間とともに劣化していきます。 目視して、ひびや剥がれが出ている場合は危険です。 固定している力が弱まっているので、ちょっとした風や地震で瓦がずれ、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。 また、ずれた瓦同士が干渉し合って欠けたり・割れたり、そこから雨水が浸入して雨漏りになったりと様々なトラブルを招くのです。

  • BeforeBefore
  • AfterAfter

早めの点検が大事!
瓦は劣化しなくても、固定している漆喰は劣化します。

早めの点検が大事!

漆喰が劣化してしまうと、瓦の固定力が弱まります。 固定力が弱まると、瓦が動きやすくなり、ずれてしまいます。 それだけならまだしも、動きやすくなった瓦同士は干渉しあうので、割れや欠けが発生しやすくなります。 瓦の弱点は割れやすいということです。 漆喰の老朽化が瓦の弱点を突くことにもなるのです。
漆喰の剥がれた部分、瓦のずれた部分、割れ屋欠けた箇所からは雨水が浸入してきます。 当然、雨漏りの原因になります。 また、割れや欠けは隙間を作ることになりますので、さらに瓦が動きやすくなります。 強風や地震時に落下しやすくなりますので、大変危険です。

漆喰工事は大きく分けて2種類。
漆喰詰め直し工事

漆喰の崩れや剥がれなどの劣化が比較的軽微な場合に行われ、この状態の時にお手入れすれば、メンテナンス費も抑えられます。

棟瓦取り直し工事

棟瓦(屋根の頂上部分の瓦)を一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直して、取りはずした棟瓦を再び設置していきます。 瓦がズレたり、漆喰が剥がれてほとんどなくなってしまっていたりと重症な場合に行われます。

工事の流れ(漆喰詰め直し工事)

  1. 1.漆喰の撤去

    漆喰の撤去

    詰め直し補修はまず古くなった漆喰を取り除くことから始めます。
    既存の漆喰が残った上に新しい漆喰を詰めてもすぐに剥がれてしまうため、しっかり取り除いて清掃を行います。
    漆喰は経年変化によってひび割れを起こします。
    漆喰がボロボロになって剥がれると中の土が出てきてしまうので、傷みが見られたら早めに手当てをする必要があります。

  2. 2.新規漆喰詰め

    新規漆喰詰め

    塗っている黒い物が漆喰です。
    細かい所まで隙間無く塗っていくことはとても難しく、更に表面も綺麗にならす必要があるため、まさに職人技の見せ所と言えるでしょう。 この作業を実施する箇所全てに行っていきます。

  3. 3.漆喰詰め直し工事完了

    漆喰詰め直し工事完了

    実施箇所全ての漆喰塗りが終われば工事完了です。
    しっかり補修を行った漆喰は20年は持ちます。
    長く持たせるためには定期的なメンテナンスをしていくことが大事です。
    ちょっとしたひび割れでも、放置せずに早めの対処を心がけましょう。

工事の流れ(棟瓦取り直し工事)

  1. 1.状況を確認

    状況を確認

    漆喰の状況を確認します。 漆喰が剥がれると中の土が水分を吸って傷みます。
    それによって棟の固定力が弱り曲がってしまうのです。

  2. 2.棟を撤去。新しい土を盛り込み漆喰を詰めていきます。

    棟を撤去。
	新しい土を盛り込み漆喰を詰めていきます。

    これまでの棟を撤去します。
    その後、古い土を撤去し、新しい土を盛り込んだ後、漆喰を塗っていきます。

  3. 3.棟瓦取り直し工事完了

    棟瓦取り直し工事完了

    瓦を元の位置に設置し、漆喰で固定します。
    棟瓦取り直し工事は完了となります。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る