外壁塗装のFAQ

工事について

  • Q. 塗装工事をする時期はいつ頃がいいですか?

    季節によりメリット、デメリットがありますので、一概にこの時期が塗装工事に適していると決めるのは難しいところがあります。

     

    塗装工事は、基本的に一年中行える工事で、施工期間や品質が季節で左右されることはありません。

     

    しかし、季節で環境は変わりますので、工事を行う時期に合わせて施工をしていくことが大切です。

     

    一般的に冬の季節は塗装工事に向いていないと言われていますが、雪が積もってしまうと工事ができないというとそうなのですが、気温が下がり寒くなるという理由で塗装が向かないというのは間違いです。

     

    冬の季節の場合は、日照時間が短くなり作業時間が短くなることや乾燥に時間がかかるということはありますが、こういった環境を踏まえて工程を組み工事を進めていきます。

    季節に関しては冬に限ったことではなく、梅雨の時期や台風が多くなる時期もあり、季節風により強風になりやすい時期などもあります。

     

    塗装工事を行うときは、こういった季節の特徴を把握し適切な施工を行なっていくことが大切ですので、この時期に行うのが正解というのはあまり気にされなくてもいいと思います。

    それよりも建物の状態やお客様のご予定を考慮していくことが工事を行う最適なタイミングかと思いますので、塗装工事を考えている方は、一度専門業者に相談してみることをおすすめします。

     

    ケイナスホームは無料で建物の診断を行っておりますので、なにかお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

     

    無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

    “””

  • Q. 塗装工事中の騒音は大丈夫?

    塗装工事中の騒音は、下記の工程時に発生してしまいます。
     
    ・足場の組み立て・解体時の金属音(期間:各1日)
     
    ・屋根・外壁の高圧洗浄(期間:1日)
     
    ・金属のサビ落としをする際の削り音(ケレン作業)(期間:1〜2日)
     
    足場に関しては、最初と最後。高圧洗浄とケレンに関しては塗装が始まる前に行われるので、実際の塗装工事が始まってしまえば、あまり音は気にならないと思います。
     
    ただ、そうは言っても、近隣のお客様にとっても騒音は気になると思います。
    当社は工事前に必ずご挨拶回りさせて頂き、騒音が気になる時期等、お伝えさせていただいております。

  • Q. 塗装工事期間中、給湯器は使用できますか?

    給湯器は使用できません。
    エアコンの室外機と同様に、屋外に設置されている給湯器。同じく養生されますが、こちらは、養生中は一切の使用ができません
     
    なぜなら、養生した状態で給湯器を稼働させると、不完全燃焼で発生した一酸化炭素が室内に流れ、一酸化炭素中毒になったり、給湯器の故障や発火が起きたりするため、非常に危険だからです。
     
    とはいえ、日常生活には欠かせない給湯器。
    塗装を行わない間は養生を取り外しますし、ご不便がないようにすすめさせて頂きますが、お客様ご自身の身を守るためにも、使用の際は職人にお声がけいただけますと幸いです。

  • Q. 塗装工事期間中、エアコンは使用できますか?

    エアコンの使用は可能です。
    例えば暑い夏場に窓を開けられないのは考えただけでも辛い状況ですが、当社ではエアコンが使用できるように室外機を養生しますので、使用して問題ありません。
     
    ただし、下記の場合については使用できませんので、ご了承ください。
     
    ・外壁洗浄時
    高圧洗浄の工程ではエアコンに水が入ってしまう恐れがあるため、必ず養生をする必要があります。一時的ではありますが、エアコンは使用できません。
     
    ・施工に問題が生じる場合
    室外機が設置されているベランダを塗装する場合は使用できません。エアコンを使用することによって結露水が出てきてしまい、塗装が流れてしまう恐れがあるためです。
     
    ・作業上、危険性が乗じる場合
    吹き付け工法や溶剤系塗料を選択した場合、吸気によって家の中に匂いや塗料がエアコン機器の中に入る可能性があるため、その工程中は使用できないことがあります。
     
    基本的にはエアコンの使用は可能ですが、工程上の都合や施工、家屋の造りなどにより変わってきます。
     
    窓も開けられず、エアコンも使えないとなると、夏場は室内で生活での生活に不安を覚えられると思いますが、事前にお伝えさせていただきますので、ご安心ください。

  • Q. 塗装工事期間中に洗濯物は干せますか?

    塗装工事期間中は、部屋の窓だけでなく、ベランダの窓や床、手すりなども、シートで養生されます。一時的にベランダに出入りできなくなり、洗濯物などは干せなくなります。(もちろん、期間は事前にお伝えします。)
     
    なぜなら、塗料が洗濯物に飛び散ったり、風で洗濯物が飛ばされ、塗装したばかりの壁に付着したりする恐れもあるからです。そして、一度ついた塗料の匂いはそう簡単に落ちません。
     
    洗濯物を干していたことが原因で、塗装が失敗したり、洗濯物が汚れたりすると、お互いにとって気持ちの良い結果ではないですよね。
     
    ご不便をおかけしますが、万が一を考え、塗装工事期間中は室内干しをすることをお願いしております。

  • Q. 塗装工事期間中に窓は開けられますか?

    高圧洗浄時は絶対に開けることができません。
    水圧が強いため、窓の鍵も締めていただきたい作業になります。
    その後の屋根・外壁の塗装工事中に窓を開ける事は可能ですが、あまりお勧めはできません。
     
    塗料自体に有害性はありませんが、塗料の匂いがどうしてもしてしまうからです。窓を開けることにより、無害であっても匂いが部屋に充満する恐れがあるため、塗装工事中に窓を開けるのは控えていただきたいです。
     
    そして、もし窓を開けられたとしても、家全体にカバーがかけられていますので、風は上手に通ってくれない事もあります…。
    カバーも塗装工事中は外せませんので、塗装期間中の風通しは難しいと思っていただいた方がいいです。

  • Q. 塗装工事期間中の外出はできますか?

    外出はしていただいて、問題ありません。
    外壁塗装工事は屋外で行われますので、お客様が不在でも作業は進めることができるからです。
    お茶出しやトイレの提供も強制でありませんので、気になさらなくて大丈夫です。
     
    ただ、工事の際に電源や水道が必要になるときがあります。
    事前にお伝えはしておりますが、使用する際にもお客様へ確認する場合もありますので、外出する時は一声かけていただくか電話番号をあらかじめお伺いできますとスムーズにすすめられますのでありがたいです。
     
    そして、もう一点大切なことがあります。しっかりと戸締りや施錠をお願いします!
    塗装工事に必要な足場やカバーが周囲からの視界を遮り、空き巣が侵入しやすい状態になるためです。
    日中は、建物の周りで職人が作業していますし、周囲からも目立つため、空き巣は寄り付きませんが、職人の帰宅後や、深夜は、足場の周りを守るものがなくなってしまいます。
     
    空き巣は、足場を目隠しにして窓から侵入したり、ベランダや2階の窓などから侵入したりしますので、
    工事中は普段以上に、戸締り・施錠をお願いいたします

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    これは当社もお見積りをお出しするときに、よくあることです。

    面積が違う理由としては、いくつかありますが、

    ① 面積をきちんと測っているかどうか。

    ② 開口部(窓や玄関など)を抜いているか。

    これらが主な理由です。

    建坪だけで安易に見積もりを提示する業者も中にはいるようですので、お気をつけください。

  • Q. 9月の台風で屋根が飛ばされ、簡単な直しをしてもらいましたが、現状は人が屋根に登ると、割れてしまう状態と言われた。外壁塗装と一緒に屋根工事は可能ですか?

    外壁塗装と一緒に屋根工事は可能です。足場を建てるなら外壁塗装と屋根工事は一緒に行う事で効率◎です。

    自社工事部隊による葺き替え、重ね葺きなど依頼は様々。コロニアルクワッド、シングル、ガルバニュウム鋼板、セラミックなどお気軽にお問合せ下さい。

  • Q. 隣人に迷惑がかかりませんか?

    工事前には御近所の方には挨拶をします。
    また作業中も細心の注意を払って作業しますのでご安心ください。

塗装について

  • Q. 塗装しないとどうなりますか?

    塗装は建物を長く維持していくために必要なメンテナンスです。

     

    外壁や屋根に色をつけていくだけが塗装の目的ではなく、外壁や屋根に塗料の膜をつけて水の浸透を抑える役割もあります。

     

    外壁や屋根に使用する塗料は撥水性があり防水性があります。塗装が劣化すると塗料の防水性は低下し、水が浸透してくるため壁内に水が入り込み構造体を腐食をさせてしまう恐れがあります。

     

    また、木造住宅の場合は木を餌とするシロアリを寄せ付ける原因にもなりますので注意が必要です。柱や土台、梁など構造体をシロアリに食べられてしまうと修復する規模と費用の負担が大きくなってしまいます。鉄骨造やRC造に関しても壁内に水が入ることで鉄骨柱やコンクリート内の鉄筋をサビさせてしまうため建物によくありません。このように塗装が劣化すると建物の状態を悪くさせてしまいますので、定期的に塗装をしていくことが大切です。

     

    また、水が屋内に入るということは雨漏りを引き起こしている状態です。

     

    雨漏りはすぐに目の前で起きるとは限りません。目に見えないところで徐々に水が入っていることもあり、知らないうちに木材を腐らせてしまっているケースもあります。

     

    室内にまで水が流れてくると生活に支障をきたしてしまいますし、修理するにも雨漏りは原因が複雑になりやすく工事規模が大きくなってしまう傾向にあります。なるべく雨漏りが起きる前にメンテナンスをしておくことが重要ですので、劣化している状態を放置せずに定期的に塗装をしましょう。

     

    ケイナスホームは無料で建物の診断をしておりますのでメンテナンスの際はぜひご利用ください。

    詳しくはこちらの「屋根外壁0円見積もり 」をご覧ください。

    ***

  • Q. 塗料の違いはなんですか?

    塗装工事に用いる塗料はメーカーからたくさん販売されていますが、その違いは耐用年数や遮熱性、断熱性などの機能性、など性能の違いになります。塗装する場所や素材によって求められる性能が異なりますので、塗料の性能を活かすことができ、より長持ちする塗料を塗装箇所ごとに合わせて選んでいくことが大切です。

     

    外壁塗装や屋根塗装に使用する塗料は顔料と樹脂、溶剤、添加剤が配合されたものです。塗料のグレードは主に配合される樹脂の違いで、塗装工事について調べるとよく見かけるかと思いますが、アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂などがあります。この配合される樹脂により耐用年数や価格が変わってきます。

     

    以下に各樹脂の耐用年数を記載します。

     

    アクリル樹脂:5〜7年
    ウレタン樹脂:7〜10年
    シリコン樹脂:10〜15年
    フッ素樹脂:15年〜

     

    塗料は他にもありますので、もっと知りたいという方は下のページをご覧ください。

    塗料について

     

    また、屋根と外壁に使用する塗料は基本的に違いますのでご注意ください。屋根の塗料は風雨にさらされる場所のため、外壁よりも比較的に熱や紫外線の影響を受けやすいことを考慮して耐候性に優れているものとなっています。屋根塗装を行う際は屋根専用の塗料を選びましょう。

    *mu*

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    これは当社もお見積りをお出しするときに、よくあることです。

    面積が違う理由としては、いくつかありますが、

    ① 面積をきちんと測っているかどうか。

    ② 開口部(窓や玄関など)を抜いているか。

    これらが主な理由です。

    建坪だけで安易に見積もりを提示する業者も中にはいるようですので、お気をつけください。

  • Q. 外壁の種類で塗料のお勧めはありますか?

    外壁の種類でお勧めの塗料はあります。サイディング、モルタル、パワーボード、コンクリートなど種類がありますが、見た目を活かす塗料や、長持ちを優先させる塗料、暑さ寒さ対策になる塗料など豊富にあります。各メーカーも新商品を出していますが、実績のある塗料が一番のお勧めです。お問合せ下さい、詳しくご説明致します。

     

  • Q. 外壁はなぜ塗装しなければならないのですか?

    外壁は新築した時は綺麗ですが、築7年〜築10年経つと様々な劣化が見られるようになります。ひび割れや、コケ、雨汚れなど家が抱える問題は様々です。
    美観を保つためというのももちろんですが、快適に、長くお住まいいただくために外壁塗装は必要な修繕です。

  • Q. 何故ヒビ割れがおこるのですか?

    外壁のヒビ割れは原因が多様です。原因を即答するのは難しく、原因によっては補修程度の処理ではすまない場合もあります。原因としては、下記のようなことがあげられます。

     

    1.不同沈下、地盤沈下
    2.地震の揺れ
    3.躯体材の乾燥による収縮
    4.下地材の反り
    5.防水紙またはラス網の不良
    6.モルタルの施工不良(乾燥養生期間、降雨、極度な直射日光など)
    7.モルタルの凍結融解等による硬化不良
    8.モルタルの収縮
    9.材料の調合不良

     

    このようにさまざまなことが原因でヒビ割れが生じます。その理由はひとつではなく複合的な要素が重なって生じることもあります。
    その原因など合わせて建物診断の際に見させて頂ければと思います。

  • Q. 塗り替えは何年たってからするのがいいですか?

    新築、過去の塗り替えから10年位をオススメしております。
    当社では実際に現場に出ている職人の無料診断も行っております。
    無料診断をしたからといって当社で塗装をしなくても大丈夫です、10年以上経っているなら、ぜひ一度無料診断をお試しください。

お見積・保証について

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社塗装面積が違うのはなぜですか?

    これは当社もお見積りをお出しするときに、よくあることです。

    面積が違う理由としては、いくつかありますが、

    ① 面積をきちんと測っているかどうか。

    ② 開口部(窓や玄関など)を抜いているか。

    これらが主な理由です。

    建坪だけで安易に見積もりを提示する業者も中にはいるようですので、お気をつけください。

  • Q. 外壁塗装の保証はありますか?

    当社では外壁塗装の剥がれに対して保証書を発行しております。また、1年、3年、5年、7年、10年点検も実施していますのでご安心下さい。

  • Q. ハウスメーカーより安く外壁塗装できますか?

    さいたま塗装本舗はハウスメーカーと違い広告や人件費に必要最低限の経費しかかけません。

    そのため、ハウスメーカーよりも確実にお安く外壁塗装が可能です。

    先ずはご一報頂きお試し下さい。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る