現場レポート

蓮田市 外壁塗装 屋根塗装 外壁 屋根 見積り 

2019.5.14

こんにちは。本日は雨が降りましたが、蓮田市のF様邸にて洗浄作業を行ってきました。基本的に雨の日は塗装はできませんので、その分工期も伸びる事になります。

しかし、洗浄作業は雨の日のほうが洗濯物を干している方もいないため洗浄のさいに飛び散る水で洗濯物を汚してしまう心配もありませんし、何より汚れも落としやすい状態になっています。

雨の日や湿度の高い日に外壁塗装工事はできない理由として、水性の塗料が使われることがあげられます。湿度の高い雨の日は、直接雨にあたらずに塗装作業ができても、塗料が乾燥しにくいという問題点があります。作業効率、塗装の仕上がりともに悪くなってしまうのです。塗料が油性の場合でも、塗装した部分に雨があたってしまうと、工事をやり直さなければいけません。

では、工事の安全面から見ると雨の日の工事はどうでしょう?
雨が降ると足場が滑りやすくなるため、作業員はとても危険な状態で塗装作業をすることになります。
特に仮設足場を組んで作業をする場合には雨で転落する危険性があります。

このような理由から、基本的には雨の日は外壁塗装工事は行いません。
そのため塗装業者は、長期の天気予報をふまえて工事のスケジュールを組んでいます。塗装に適した3,4,5月、9、10、11月であれば比較的スムーズに塗装できます。梅雨前のこの時期にお問合せください。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る