現場レポート

さいたま市 外壁塗装 下塗り工事 錆止め塗装

2019.6.3

さいたま市の外壁塗装の下塗り工事を行ってきました。一般的な外壁塗装工事の流れは基本的に3工程になります。下塗り、中塗り、上塗りの順に外壁を塗装していきます。

外壁塗装工事には外壁の塗装はもちろん、建物に付帯する部分の塗装も含まれています。軒天や窓の上の霧除け、雨樋なども外壁塗装と同時に塗り替えることが一般的です。下塗り工事に使用する塗料は塗装する部分の素材に合わせて最適なものを選択する必要があります。

外壁の下塗り工事に使用される塗料はシーラーやフィーラーになりますが外壁と軒天の見切りや霧除けの板金など鉄部に使用される下塗り工事の塗料は錆止め塗料になります。錆止め塗料の中にも1液性の塗料から2液性の塗料がありますが上塗りに使用する塗料や塗装する下地の状態などによって使い分けることが大事になります。建物全体からすると細かい部分の作業ですがしっかりと素材に適した塗料を選択することで上塗りに使用する塗料の性能を十分に発揮することができます。

下塗り工事は外壁塗装が完了してしまうと見えなくなってしまう部分になります。しかし塗料の性能を最大限に発揮させるには下塗り工事を丁寧に行うことが必要です。そのためにも信頼できる業者に工事を依頼るすることも大事になりますよ。

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る