現場レポート

春日部市 外壁塗装 劣化補修 ひび割れ補修

2019.6.6

春日部市にて外壁塗装の劣化補修を行ってきました。外壁塗装の工程の中でも重要な作業に下地調整や劣化補修の工程があります。塗装工事が終わってしまうと分からなくなってしまう部分でもあるのであまり重要視される事は少ないですが長い期間で考えるととても大事な作業になります。

劣化補修には現在の建物の状況によって補修方法を検討する必要があります。外壁塗装を検討する段階で1番多い劣化状況はコーキングの劣化です。建物全体のコーキングを補修するにはそれなりの費用がかかりますが劣化したコーキングの上に塗装をしても塗料の性能を最大限に発揮する事は難しくなります。

サイディングの外壁の場合には割れや欠けなどの劣化が起こることもあります。特に釘打ちの部分に現れることが多くあります。小さなクラック程度であれば防水補強材を使用して補修します。補強材が充分に乾燥してからペーパーなどで外壁との段差を無くします。その上から塗装をする事でクラックの補強と仕上がりを保つことが可能になります。

たとえ小さなクラックでも注意が必要です。クラックからの雨水の浸入は何年も放置することで建物全体に関わる重大な劣化に繋がります。外壁の劣化やクラックの程度に合わせた的確なメンテナンスをする重要になりますよ。

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る