現場レポート

上尾市 外壁塗装 劣化補修 ひび割れ補修 コーキング材

2019.6.7

上尾市にて外壁塗装の劣化補修を行ってきました。外壁に使われているサイディングのジョイント部分に使用されるコーキング材が劣化してしまうとひび割れや剥離を起こしてしまうことがあります。コーキング材の劣化は建物への雨水や害虫の侵入の可能性があるので定期的にチェックをしてメンテナンスをする必要があります。6月に入って梅雨入りが間近になるとコーキング材の劣化は特に気になってしまいますよね。
外壁塗装を行う際にはコーキング材の打ち替えをすることが大切です。古く劣化してしまったコーキング材は固く柔軟性もほとんどありません。劣化したコーキング材の上にいくら塗装をしてもすぐに補修が必要になってしまいます。劣化した部分だけのコーキング材を撤去したり打ち増しするような補修方法もありますがあまりお勧めできません。劣化したコーキング材を完全に撤去した上で外壁とコーキング材をしっかり密着させることが建物の耐久性にも大きく影響する大事な要素になります。
しかし、既存のコーキング材を完全に撤去するとなると費用も掛かってしまうことから部分補修や打ち増しを提案する業者もありますが長い目で見ると完全に撤去してコーキング材を打つ方が断然おすすめですよ。

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る