現場レポート

幸手市 外壁塗装 建物診断 屋根塗装 無料見積もり

2019.6.16

幸手市にて外壁塗装の建物診断を行ってきました。外壁塗装の塗り替えをいつ頃から検討するべきなのかを正確に判断することは難しいです。一般的には10年程度が外壁塗装の目安とされていますが実際に10年で塗り替えをしなくてはいけないわけでもありません。建物の構造や外壁の種類、立地環境などさまざまな条件から判断する必要があります。外壁がサイディングの場合には1つの目安としてチョーキングという症状があります。外壁を触ると白っぽい粉がつくことがあります。これがチョーキングです。チョーキングは外壁表面の塗膜の劣化によって起きる症状なので外壁塗装のタイミングを教えてくれるサインにもなりますよ。

サイディングの塗膜の劣化が進んでしまうとコーキングの劣化やサイディング自体の劣化にも繋がってしまいます。チョーキングを発見したらまずは建物診断を受けてみることをおすすめします。

外壁以外の付帯部分や屋根など今すぐ塗り替えが必要かどうかはプロである業者の意見を参考にした方がいいですね。建物診断や見積もりは無料で行なっていますので気軽に相談して下さいね。今すぐ外壁塗装が必要でなくてもあとどれくらいで行なった方がいいかなどのアドバイスを参考に外壁塗装にかかる費用にも前もって備えることができますよ。

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る