現場レポート

上尾市 外壁塗装 下塗り工事 シーラー 無料見積もり

2019.6.24

上尾市にて外壁塗装の下塗り工事としてシーラー塗装を行ってきました。

 

下塗り工事に使われるシーラーには中塗りや上塗りの塗料を密着させる効果があります。

 

シーラーには水性と油性の2種類がありますが上塗りに使われる塗料によって使い分けをすることになります。

 

油性のシーラーは水性と比べて吸い込みや揮発性が高くなっているので塗り替えをする既存のサイディングの劣化状態がひどい場合などに使われることがあります。

 

揮発性が高く乾くのが早いので外壁塗装の工程においては作業が行いやすい事もありますが水性のシーラーに比べて臭いがきついので近隣の方への配慮としてはあまり向いていません。

 

上塗りの塗料が水性の場合には基本的には水性のシーラーを使うのが一般的で油性に比べると臭いも抑えられていますが吸い込みや揮発性は低くなっています。

 

近隣への配慮という点からも外壁塗装の塗り替えでは水性のシーラーを使うことが多いですね。

 

一般的にシーラーは透明な塗料のことが多いですが中には白色のシーラーもメーカーによっては販売されています。

 

色による違いはほとんど無いので既存のサイディングの密閉力が重要になります。

 

長い年月の間、風雨にさらされたサイディングは傍目には分からなくても劣化が進んでいます。

 

表面の劣化が進むと塗り替え時の塗料の吸い込みが多くなってしまうので中塗りや上塗りに必要な塗料が増えてしまうだけでなく仕上がりにも影響を与えてしまうことがあります。

 

下塗りにシーラーを使うことで吸い込みムラを抑えて中塗りを均一に仕上げることが可能になります。

 

下塗りに使う塗料の選定はサイディングの状態などによって簡単には判断することができません。

 

既存のサイディングに合わせてどのような塗料を使うかは外壁塗装の工事が始まる前に判断する必要があります。

 

外壁塗装の見積もりを取ったりする建物診断は既存のサイディングの状態に合わせた塗料選びにとっても大切な工程になります。

 

外壁塗装を行う業者によって使う塗料の種類にも違いがありますが長年の経験からおすすめできる塗料はある程度絞られています。

 

お施主様がどういったことを希望されているのかを十分に理解した上で最適な塗料を選ぶ事が大事です。

 

上塗りの塗料もシリコンやフッ素に加えて無機塗料など塗料メーカーによる技術もどんどん上がっていますが性能が上がれば外壁塗装にかかる金額も上がってしまいます。

 

塗料の耐久性などの性能と予算にあった提案をしてくれる塗装業者に依頼することが大事ですよ。

 

★M2★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る