現場レポート

久喜市 外壁塗装 仮設足場工事 屋根塗装 無料見積もり

2019.6.25

久喜市にて外壁塗装の仮設足場工事を行ってきました。

 

外壁塗装工事を行うには仮設足場が欠かせません。

 

屋根の上や2階部分の塗装には必ず仮設足場を設置して行う事になります。

 

梅雨時期に入って雨の日も増えてきますが仮設足場工事は天気に関係なく作業をしてもらえます。

 

基本的に仮設足場工事は塗装業者ではなく専門の業者さんに外注することが多くなります。

 

塗装業者の中には足場を自社で所有している会社もあります。

 

仮設足場を設置するには事前に現地を下見しておくことが大事になります。

 

建物の周囲の環境や近隣の方への配慮などが必要で場合によっては挨拶と一緒にお願いをする事もあります。

 

仮設足場工事に使われる足場の材料は長い物で4m近い金属製の材料を使うので設置工事には大きなトラックが建物の前の道路まで入ってくる必要がありますし、設置中は金属の足場を叩く音が響き渡ります。

 

工事前の近隣への挨拶では道路や音の件を説明することが重要で周りに迷惑をかけない配慮が大事ですね。

 

外壁塗装工事自体は音が出ることはあまりありませんが昼間に睡眠を取られる方がいる場合には特に注意が必要になります。

 

仮設足場工事にかかる費用は平米あたり数百円程度ですが建物全体で計算すると一般的な住宅で20万円前後になります。

 

費用の中には仮設足場の設置費や撤去にかかる費用も入っていますし、仮設足場全体を覆うように取り付けられる飛散防止ネットの金額も入っています。

 

飛散防止ネットは外壁塗装の塗り替えによる塗料の飛散を防ぐことと同時に道具などが周囲に落下するのを防止する働きもあります。

 

仮設足場に対するルールも厳しくなってきているのが現状です。

 

一昔前には丸太で足場を組んで外壁塗装を行なっていた事もあるようですが現在では許されません。

 

足場を組むだけではなくさまざまな工夫で作業する職人さんへの配慮も必要になっています。

 

仮設足場に登って作業を行うにはヘルメットの着用はもちろんですが、安全帯の着用もになります。

 

常に足場に安全帯をかけて作業を行うのは作業のしやすさの面では効率が落ちてしまいますが安全性を確保するには必要な事です。

 

特に建物の屋根勾配がきつい場合には安全帯による落下防止が欠かせません。

 

屋根の勾配がきつい場合には屋根専用の足場を組む事でより安全に作業を行うことができます。

 

費用は通常の外壁塗装時よりもかかってしまいますが安全性の確保のためには省くことができません。

 

外壁塗装の職人も毎日の作業で慣れているとはいえ、足場の上での作業には注意が必要になりますね。

 

★M2★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る