現場レポート

埼玉県蓮田市 外壁塗装 下地調整 軒天補修 雨漏り修繕 無料見積もり

2019.7.13

蓮田市にて外壁塗装の下地調整として軒天の劣化補修を行ってきました。

 

外壁塗装工事において下地調整は最終的な仕上がりに影響する大事な工程です。

 

軒天に使用されたケイカル板は軽く材料費も抑えることができるので新築時の軒天の材料としてよく使われています。

 

しかしケイカル板の強度自体はあまりありませんし裏側から水分を吸い込んでしまうとなかなか乾燥させることが難しいくなってしまいます。

 

台風などの強風の時には軒天にまで雨が吹上げてしまうこともよくあります。

 

屋根の下やバルコニーの下に設置される軒天には雨漏りによるシミも出やすくなります。

 

一度出てしまったシミはなかなか消えませんし、雨漏りの原因を完全に解消するまでは外壁塗装の工程もストップしてしまうことがあります。

 

雨漏りの修繕が未完了のままで外壁塗装を進めてしまうことはできません。

 

軒天の塗装工事を行うことはできますが雨が降るたびに新たに塗装した軒天にシミが出てしまうのがわかっているからですね。

 

ただし、雨漏りの修繕は1日や2日で簡単にできるものではありませんので長期的な目線での修繕が必要になります。

 

実際に雨の日に現状を確認することも大事ですしそこで見つけた怪しい個所を重点的に検査することになります。

 

怪しいところひとつずつ確認しながら進めていくことになるのでかなりの時間が必要です。

 

雨漏りの修繕は原因を特定することが難しく、ひとつの原因だけで雨漏りをしているとも限りません。

 

軒天の周辺から屋根、バルコニーなどさまざまな可能性を考慮して検査を行うことが重要なポイントになりますね。

 

雨漏りの修繕が完了してからやっと軒天の補修に入ります。

 

ほとんどは軒天に使われたケイカル板の張り替え作業を伴うことが多いので塗装前にはケイカル板のつなぎ目を埋めるパテ処理から作業することになります。

 

外部用のパテをケイカル板のつなぎ目と釘頭に処理をします。

 

パテの処理がデコボコのままだと塗装後にもパテのデコボコがわかってしまうので慎重な作業が大事になりますね。

 

軒天に設けられた換気口にも注意が必要で換気口の設置のためにケイカル板を加工するので強度が下がってしまうことも考えられます。

 

パテ処理だけでは軒天の補修はできても補強はできませんのでしっかりと下地からの施工が大事ですね。

 

建物の高い部分になってしまうので下からはあまりわかりづらいですが細かなところまで丁寧に作業することが外壁塗装全体の仕上がりにとっても重要です。

 

★M2★

  埼玉のお客様の声

もっと見る