現場レポート

埼玉県白岡市 外壁塗装 下地調整 コーキング工事 無料見積もり

2019.7.14

白岡市にて外壁塗装の下地調整としてコーキング工事を行ってきました。

 

外壁塗装の下地調整の中でどの建物でも必要な工事がコーキング工事になります。

 

コーキング工事には既存のコーキングを残した打ち増し施工と既存のコーキングを完全に撤去してから行う打ち替え施工の2種類があります。

 

基本的には既存のコーキングを完全に撤去する打ち替え施工が理想ですが外壁塗装の総額を抑えるために打ち増し施工を検討される方も少なくありません。

 

コーキングはサイディングとサイディングの隙間を埋める役割を持っていますが同時に建物の防水性能を維持する重要なポイントでもあります。

 

コーキングの劣化はそのまま建物の中防水性能の低下に繋がると言っていいほどですね。

 

コーキング自体は施工直後は柔らかく衣服が当たってしまうだけでも仕上がりに影響を受けてしまいます。

 

空気に触れることで硬化が始まりますが完全には硬化せずに一定の弾力を保った状態で維持されます。

 

この弾力も大事で建物が受ける小さな振動を吸収してくれる役割も担っています。

 

建物は人間が感じないくらいの小さな揺れを受けています。

 

風や地震もそうですが室内で生活することでも振動が発生していますね。

 

コーキングの硬化が進んでしまうと表面がひび割れてしまいます。

 

硬くなってしまったコーキングには今までの様な揺れを吸収する役割も期待できません。

 

打ち増し施工を行うと既存の硬くなったコーキングを残すことになるのでサイディングに接している部分は硬くなっています。

 

劣化した部分にだけ新たなコーキングを施工する事で防水性能は維持される様に感じますが長期的に見ると防水性能も低下してしまいます。

 

コーキングの劣化が進むとひび割れの次に起こるのは剥離です。

 

サイディングとサイディングの間のコーキングが剥がれてきてしまう症状でコーキングの劣化も原因ですが施工時のプライマー処理にも問題がある可能性もありますね。

 

プライマー処理はサイディングとサイディングの間の下塗り行程でコーキングの密着不足を防ぐために行う重要なポイントです。

 

しかし、打ち増し施工の場合には新たなコーキングがサイディングと接する部分が少ないので既存のコーキングの密着性に期待するしかありまさんね。

 

長い年月を重ねる事でコーキングの密着性は明らかに打ち替え施工よりも劣ってしまいます。

 

少し大げさに言うとコーキング工事の施工方法によって外壁塗装の費用は上がってしまいますが塗料のグレードを抑えてでも下地調整としてのコーキング工事には打ち替え施工をおすすめします。

 

★M2★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る