現場レポート

埼玉県幸手市 屋根塗装 下地調整 ケレン作業 無料見積もり

2019.7.25

幸手市にて屋根塗装の下地調整として板金のケレン作業を行ってきました。

 

瓦屋根の場合には必要のない屋根の再塗装ですがカラーベストなどのスレート屋根の場合には定期的な再塗装が必要になります。

 

一般的には外壁塗装と同時期に再塗装を行なうことが多く、バラバラに行うよりも費用を安く抑えることができます。

 

屋根塗装の工程は外壁塗装と同じように高圧洗浄から始まります。

 

経年劣化によって傷んでしまったスレート屋根は高圧洗浄によってまだらな下地状態になってしまいます。

 

古い塗膜が剥がれてしまった場所や苔や藻が発生した為に中途半端に残ってしまうなど状態はさまざまです。

 

また、スレート屋根の棟部分やケラバには屋根材を押さえる板金が施行されています。

 

板金は鉄製になるので経年劣化でサビが発生してしまいます。

 

下地調整の段階でしっかりとケレン作業を行い錆止めをすることは塗装後の耐用年数にも影響するので注意が必要です。

 

下塗りに使用する塗料も板金部分には錆止め塗装を行い、スレート屋根にはシーラー塗装を行います。

 

シーラー塗料はスレート屋根の劣化が激しい部分では吸い込みが激しくなるので屋根全体が均一な下地になるまで作業を繰り返すことも重要なポイントになりますね。

 

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る