現場レポート

埼玉県上尾市 屋根塗装 中塗り工事 下地調整 無料見積もり

2019.8.2

上尾市にて屋根塗装の中塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装の中塗り工事は上塗り工事と同じ塗料を使用することが一般的で上塗り塗料を2度塗りしている状態です。
 
屋根塗装の上塗りも最終的な仕上がりには重要なポイントになりますが中塗り工事お前に行っている下地調整や下塗り工事はさらに重要になります。
 
高圧洗浄で汚れや既存の古い塗膜を撤去した後には下塗り工事としてシーラーを塗装します。
 
高圧洗浄でまばらになってしまったスレート屋根の表面を均一な状態にすることが下塗り工事の1番の目的で次の中塗り工事以降の作業にも大きな影響を与えることになります。
 
屋根塗装の工程も外壁塗装と同様に全部で3回塗りが一般的ですがスレート屋根の場合には最初のシーラー塗装の回数が増えてしまうこともよくあります。
 
均一な下地を作るためにはシーラー塗装で吸い込みムラがなくなっていることを十分に確認しながら作業を進める必要があります。
 
1回目のシーラー塗装でもまだ吸い込みムラが収まっていないようであれば続けて2回目のシーラー塗装を行います。
 
2回、3回と繰り返すことで吸い込みムラがなくなり均一な下地が出来上がることで次の中塗り工事の工程にバトンタッチすることができますよ。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る