現場レポート

埼玉県蓮田市 外壁塗装 下地調整 コーキング処理 無料見積もり

2019.8.6

蓮田市にて外壁塗装の下地調整を行ってきました。
 
外壁塗装で行われる下地調整には大きく分けて2つの工程があります。
 
1つ目はサイディングとサイディングのジョイントにあるコーキングの打ち替え作業で玄関ドアや勝手口、窓などの開口部周りのコーキングも打ち替えを行う事があります。
 
開口部周りのコーキングは構造上の防水テープのカットしてしまうリスクが伴うので既存のコーキングの劣化状態によってはそのまま打ち増しを行うこともあります。
 
サイディングのジョイント部分は基本的に打ち替えがおすすめの工法になりますが開口部周りと同様に打ち増しを行なっている業者もたくさんいます。
 
下地調整のふたつ目はひび割れやクラックの補修処理になります。
 
サイディングの場合には建物の形状や納まりの関係で釘止めを行う箇所がいくつかあります。
 
経年劣化によって傷みが出てくるのは釘を打ち込んだサイディングの周りが最も多くひび割れに繋がってしまいますね。
 
小さなひび割れ程度であれば防水補修剤を塗り込んで処理することもありますが大きなクラックの場合にはそうはいきません。
 
一度クラックの周りを削って傷口を大きく広げ、プライマーを塗布してからコーキングの充填を行なって処理するのが一般的です。
 
建物全体をくまなくチェックしてから補修する事が大事ですよ。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る