現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁塗装 上塗り工事 付帯塗装 無料見積もり

2019.8.19

さいたま市にて外壁塗装の上塗り工事として付帯部分の塗装を行ってきました。

 

外壁塗装の上塗り工事としてはサイディングなどの外壁に続いて破風や鼻隠し、雨樋などの付帯部分の塗装を行っていきます。

 

破風や鼻隠しはその素材によって下地調整や下塗り工事に使用する塗料が変わってきますが雨樋に関しては基本的に同じやり方になります。

 

雨樋は一般的に言うプラスチック製品になるので塗装前に行う下地調整としては清掃とケレン作業になりますね。

 

経年劣化によって溜まった汚れやほこり、苔などを綺麗に除去したあとでペーパーでケレン作業を行います。

 

ペーパーによるケレン作業は雨樋に小さな傷を付けることで塗料の食いつきをよくする効果も期待できます。

 

雨樋の塗装では下塗り工事は行われることが少なく中塗りと上塗り工事を行って仕上げていきます。

 

雨樋の形状も丸い物から四角の物までさまざまですが現在ではミニローラーを使った塗装を行うことが増えてきました。

 

ひと昔前までは付帯部分の塗装は刷毛で作業していましたが小さなローラーが普及してきたことで付帯部分の塗装にも使われるようになっています。

 

ミニローラーを使った塗装のメリットは刷毛塗装に比べて仕上がりが均一になることで多少技術の差があっても仕上がりには差が出ません。

 

新しい道具を積極的に取り入れていく柔軟性も重要なポイントになりますね。

 

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る