現場レポート

幸手市 屋根塗装 中塗り工事 スレート屋根 無料見積もり

2019.9.10

埼玉県幸手市にて屋根塗装の中塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では中塗り工事前に行う下地調整や下塗り工事が重要なポイントになります。

中塗り工事ではお施主様が選んだ塗料を塗装していきますので工事の進捗がわかりやすいくなる工程でもあります。
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合には下塗り工事の段階で高圧洗浄や下地調整でまだら模様になった下地をどこまで整えることができるかが重要になります。
 
屋根材の劣化具合によっては素材が露出してしまうほど劣化していることもあるのでシーラー塗装を繰り返し行うことで解消する必要が出てきますね。
 
通常の工程では下塗り工事も中塗り工事も1回塗りが基本になっていますが下塗り工事は現場の状況を考慮して2回、3回と繰り返し作業することも必要になりますよ。
 
スレート屋根の塗装は職人によって差はありますが一度に5,6枚のスレート屋根を塗装しながら作業を進めていきます。
 
基本的には屋根の端から端まで左右に移動しながら塗装を行っていきますので上下の重なり部分では塗り継ぎが発生してしまいます。
 
塗装中は特に気になりませんが塗料が乾いてからや数年経ってからでは塗り継ぎが目立ってしまうことがあるので職人の腕の見せどころでもありますよ。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る