現場レポート

春日部市 屋根塗装 錆止め塗装 板金 無料見積もり

2019.10.30

埼玉県春日部市にて屋根塗装の下塗り工事として錆止め塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では下地調整に続いて行う作業になります。
 
外壁塗装を同時に屋根塗装を行う場合でも基本的には屋根の塗装を先行して行うことが一般的です。
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合にはやねの頂上付近にあたる棟や尾の部分には板金が施工されています。
 
棟板金と言われるこの部位に施工されている板金は金属製なので下塗り工事に使用する塗料も錆止め塗料になりますね。
 
スレート屋根の下塗り工事に使用されるのは一般的にシーラー塗装になりますので屋根の中で藻塗分けて使用することが大事になります。
 
下地の素材に合わせた塗料を選択することも大事なポイントになりますので注意してくださいね。
 
棟板金などを固定している釘の浮きや抜けには特に注意が必要で経年劣化によって少しずつ雨水が入り込んでしまうと棟板金を固定している木材が傷んでしまいます。
 
スレート屋根などがひび割れてしまうなどの補修に比べるとかなりの時間とコストがかかってしまうことになるので特に注意して作業することが求められますね。
 
最終的な仕上がりの綺麗さと塗料本来の耐久性を発揮するには見えなくなってしまう下地調整や下塗り工事の工程が大事ですね。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る