現場レポート

埼玉県久喜市 外壁塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2019.12.23

埼玉県久喜市にて,外壁塗装の下塗り工事として一般的なシーラー塗装を行ってきました。

 

外壁塗装の工程では、下地調整が完了してから下塗り工事に移っていきます。

 

塗り替え現場では、下塗り工事の塗料としてシーラーやフィラーが採用されています。

 

建物の外壁仕様によって、下塗りに使用する塗料は変わることがあるので注意が必要です。

 

外壁の仕様が一般的なサイディングの場合には、下塗りとしてシーラー塗装が行われるケースがありますね。

 

下塗りに使用するシーラーの役割は、既存の外壁と上塗りの塗料の密着性をアップさせることです。

 

シーラーを使用する際には、希釈などの手間もなくそのまま使用することで、性能を十分に発揮できる塗料ですね。

 

フィラーやサーフは希釈が必要になりますが、性能をしっかりと発揮するには規定通りの希釈を厳守することが大事です。

 

希釈割合が高いほど、施工性は上がるので注意が必要になります。

 

フィラーの希釈割合まではチェックできないので、そのまま使用できるシーラーの方が安心ですね。

 

下塗り工事に使用する塗料は、基本的に業者に任されています。

 

上塗り工事は最終的な仕上がりになりますが、見えなくなってしまう下塗り工事こそ丁寧に作業してくれる業者を選ぶことが大事ですね。

 

外壁の表面を変えたい場合には、シーラーよりもフィラーやサーフ系の塗料がおあすすめです。

 

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る