現場レポート

埼玉県久喜市 外壁塗装 上塗り 雨戸塗装 無料見積もり

2020.1.15

埼玉県久喜市にて、外壁塗装の上塗り工事として付帯塗装を行ってきました。

 

外壁塗装の工程では、工事の最後の作業場所として組み込まれていることが多い雨戸の塗装です。

 

現在では、雨戸や戸袋に代わってシャッターが普及していますが、塗り替え現場では多くの現場で見かけますね。

 

雨戸や戸袋は、一般的に波型の形状をしていることがよくあります。

 

見た目の塗装量と比べて作業に必要な時間と手間は多くなってしまいます。

 

波型の1列1列を順番に塗装していくので、雨戸1枚を塗装するだけでもかなりの時間がかかってしまいますね。

 

以前の塗装では、雨戸や戸袋は刷毛仕上げがメインの工法でした。

 

刷毛仕上げで仕上げた雨戸は職人の技術が仕上がりに影響する方法で、塗料の固さや刷毛の使い方が重要なポイントになります。

 

仕上がりに跡が残ってしまったり、カスレや塗料の垂れが発生してしまうようでは、最終的な仕上がりとは言えませんね。

 

歴の短い職人でも作業できるように、ミニローラーを導入して作業したり、吹き付け塗装を行うことも増えてきています。

 

吹き付け塗装を行う場合には、広い範囲に養生が必要になります。

 

吹き付けを行えるだけのスペースも必要になるので、塗り替えを行う現場に合わせて最適な方法を選ぶことが重要になりますね。

 

★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る