現場レポート

埼玉県上尾市 外壁塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2020.1.28

埼玉県上尾市にて、外壁塗装の下塗り工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になります。
 
外壁の塗装を始める前には、養生を完成させておくことが大事です。
 
塗装作業中は塗料の飛散が起こるので、未塗装部分には養生が欠かせませんね。
 
養生の方法によって、最終的な仕上がりに影響する大事な作業ですね。
 
外壁の下塗りではシーラー以外にも、さまざまな塗料があります。
 
しかし、ほとんどの住宅では基本的にシーラーを使用することが多いですね。
 
シーラー塗装を行うことで、既存のサイディングと中塗りなどに使用する塗料の密着力がアップすることです。
 
密着不良がある場合には、塗膜が剥がれてしまうので、建物全体にいきわたらせることが必要ですね。
 
シーラー自体は色がない塗料になるので、施工後の違いは艶になります。
 
シーラー塗装を行ったサイディングは、テカリが残るので綺麗になったと錯覚も起きてしまいますね。
 
しかしシーラーのままで放置すると、塗膜の劣化やほこりもくっ付いてしまうので必ず次の工程を行います。
 
しっかりと中塗りや上塗り塗料を塗り重ねることが必要ですね。
 
シーラーは液体に近い塗料になるので、養生付近の塗装には配慮が必要ですね。
 
テープの隙間から入り込まない工夫や技術が重要ですね。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る