現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁塗装 下塗り シーラー塗装 無料見積もり

2020.3.11

埼玉県さいたま市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程としては、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
下地調整で行ったコーキング処理が、完全に乾燥するまでの養生期間も重要になります。
 
下塗り工事で使用するシーラーは、透明な塗料です。
 
そのため、塗料の飛散が分かりにくい欠点があります。
 
シーラーの役割は、既存のサイディングと新しい塗料の接着をよくすることですね。
 
塗装予定の無い場所に塗料が飛散してしまった場合には、しっかりとふき取りを行うことが必要になります。
 
しかし、透明な塗料を見つけることは難しいので、養生の方法などを工夫する必要がありますね。
 
シーラーは液体のように滑らかな塗料でもあります。
 
養生に少しの隙間があるだけで、養生の中へと侵入してしまうことになります。
 
塗装作業を行う前には、確認のチェックを行うことも無駄な清掃や手直しを減らす工夫のひとつになりますね。
 
シーラーを塗装したサイディングは、濡れたような艶が戻ります。
 
透明の塗料ですが、劣化した艶が引いてしまったサイディングでは、塗装面がすぐに判断できますよ。
 
建物全体に均一に塗装できていることを、確認しておくことが重要なポイントになりますね。
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る