現場レポート

埼玉県蓮田市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装 雨戸 戸袋

2020.4.20

埼玉県蓮田市にて、外壁塗装の上塗り工事として付帯塗装を行ってきました。
 
付帯部分の塗装の中でも、今回は雨戸や戸袋の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、最終的な工程として段取りされることが多い場所が雨戸や戸袋になりますね。
 
建物の大きさや構造によっても、付帯部分の塗装範囲や量は変わることがあるので注意が必要ですね。
 
雨戸や戸袋は、作業に必要な時間と手間に見合わない場所のひとつです。
 
一般的な雨戸や戸袋の形状は波型です。
 
波型の形状の雨戸や戸袋を塗装するには、1本1本の列を刷毛で塗装する必要があります。
 
刷毛塗装では、刷毛に乗せる塗料の量や、刷毛の動かし方ひとつで仕上がりが大きく変わります。
 
職人の技術がそのまま仕上がりに影響することになりますね。
 
建物全体の仕上がりを均一にするためには、ミニローラーなどの新しい道具の活用も必要になってきていますよ。
 
塗り替えを行う建物には多く採用されている雨戸ですが、最近の新築住宅では採用が減ってきていますね。
 
雨戸に変わってシャッターが広く普及しているので、徐々に塗り替えの需要も減ってしまうかもしれませんね。
 
雨戸などの細かな部分の塗装技術を、若い世代に継承していくことも大事になってきますよ。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る