現場レポート

埼玉県白岡市 屋根塗装 下塗り シーラー スレート

2020.4.21

埼玉県白岡市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、下地調整の補修作業が完了してから行う作業になります。
 
屋根塗装で行う下地調整では、屋根材のひび割れやクラックの補修を行っています。
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合には、経年劣化によってひび割れやクラックが発生しやすくなります。
 
劣化が進んだスレート屋根は、人が乗っただけでもひび割れやクラックが起こってしまいますよ。
 
屋根の塗装の下塗り工事で使用する塗料は、スレート屋根の場合にはシーラー塗装を行います。
 
シーラーには接着剤の役割があるので、屋根全体にしっかりと塗装することが大事になりますね。
 
高圧洗浄などで古い塗膜が剥がれてしまったスレート屋根は、シーラーの吸い込みにもムラが出てしまいます。
 
吸い込みにムラが残った状態で、中塗りや上塗りを施工してしまうと、仕上がりも悪くなってしまうので注意が必要です。
 
基本的には1回塗りの下塗り工事も、施工後の状態から判断して繰り返し塗装することも検討することが大事になりますね。
 
最終的には見えなくなってしまう下塗り工事こそ、仕上がりに影響する大事なポイントになりますよ。
 
屋根塗装についてはこちら→屋根塗装について
 
★M★

  埼玉のお客様の声

もっと見る