現場レポート

埼玉県さいたま市 屋根塗装 上塗り スレート屋根 縁切り

2020.4.28

埼玉県さいたま市にて屋根塗装の上塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、最終的な仕上げ塗装になりますね。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、上塗り工事を行った後は塗膜保護のために、屋根に上ることはできません。
 
しかし、スレート屋根の塗り替えを行う際には、縁切り作業が必要になります。
 
縁切り作業は、スレート屋根の塗り替え後に起こりやすい雨漏り対策として、重要な作業のひとつですね。
 
スレート屋根の塗り化後に起こりやすい現象に、毛細管現象があります。
 
塗り替えをした塗膜に小さな穴が開くことで、毛細管現象は起きてしまいます。
 
スレート屋根のジョイント部分で起こりやすい現象で、しっかりと対策を行っておかないと、雨漏りに繋がってしまいますよ。
 
特に屋根の上で起こる小さな変化になるので、一般的な生活を行っていては気づくことができません。
 
気づいたときには、雨漏りによる被害が進んでしまっていることも少なくありませんね。
 
縁切り作業には上塗り後に行う方法と、下地調整の段階で行う方法があります。
 
しかし、塗膜の保護を考えると下地調整の段階で行う方法がおすすめですね。
 
タスペーサーという専用の金具を使うので、均一な仕上がりなることも大事なポイントですね。
 
屋根塗装についてはこちら→屋根塗装について
 
★M★

  埼玉のお客様の声

もっと見る