現場レポート

埼玉県蓮田市 外壁塗装 高圧洗浄 飛散防止ネット 

2020.4.29

埼玉県蓮田市にて外壁塗装の高圧洗浄工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、仮設足場の組み立てに続いて行う作業になりますね。
 
仮設足場の組み立てを行うことで、通常では届かない高所での作業も可能になります。
 
さらに仮設足場の組み立て後には、飛散防止ネットを建物全体に張っていきます。
 
飛散防止ネットの本来の役割は、塗装作業中の塗料の飛散を防ぐことです。
 
塗料の飛散は、風に乗って遠くまで飛んでしまうので注意が必要ですね。
 
塗料の飛散と同様に、高圧洗浄で発生する汚れた水も遠くまで飛んでしまう可能性があります。
 
そのため、飛散防止ネットが張られていない状態で行う場合には注意が必要です。
 
塗り替えを行う際には、経年劣化によってサイディングの塗膜が傷んでいることがほとんどです。
 
高圧の水流で洗い流すことで、傷んでしまった塗膜も洗い流されています。
 
洗浄後の水は濁って汚れていることが多いので、近隣への飛散には注意が必要ですね。
 
飛散防止ネットが張られていることで、汚れた水の飛散を防ぐことができますが、バルコニーが近い場合には配慮が必要になります。
 
ネットの上からブルーシートを張るなどの工夫をすることで、近隣の方への迷惑も避けられますよ。
 
高圧洗浄についてはこちら→塗装前の下地処理について
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る