現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁塗装 下塗り シーラー塗装 透明

2020.5.13

埼玉県さいたま市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、軒天の塗装に続いて行う作業になりますね。
 
軒天の塗装が完成しているので、軒天との境目は慎重に作業する必要がありますよ。
 
一般的なシーラー塗装は、無色透明が多いので塗料の飛散などには注意が必要です。
 
乾燥してしまってからでは、すぐに発見することが難しくなりますよ。
 
風の強い現場などでは、養生の浮きや剥がれにも注意が必要です。
 
シーラーは液体のように滑らかな塗料なので、わずかな隙間でも入り込んでしまいます。
 
塗装作業を行う前には、しっかりと養生を抑える必要がありますね。
 
シーラー塗料は既存のサイディングと、新しい塗料の接着剤の役割を担っています。
 
塗装予定の場所には必ず塗装する必要がありますね。
 
シーラーが必要のない場所は、付帯部分に多くあります。
 
木材や鉄製の塗装部分には、木部用の下塗り塗料や錆止め塗料が必要になりますね。
 
外壁塗装は、既存の材質に合わせた塗料を選択することが重要なポイントになりますよ。
 
基本的にお施主様に選んでいただくのは、サイディングの上塗りに使用する塗料になりますね。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る