現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁塗装 下地調整 種類 コーキング

2020.6.15

埼玉県さいたま市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
下地調整では、外壁の仕様によって行う作業が異なってきます。
 
一般的なサイディングの住宅では、ひび割れやクラックの補修の他にもチェックする場所があります。
 
塗り替えの目安にもなっている、サイディングのジョイント部分に打たれたコーキングの打ち換えも行っています。
 
サイディングのジョイント部分に打たれたコーキングは、劣化の状態が目視で確認できるので塗り替えの目安にもされています。
 
コーキングは施工直後から硬化が始まっています。
 
経年劣化によって、ひび割れが発生したりサイディングのジョイント部分から剥がれてくることもあります。
 
サイディングの隙間から青色のハットジョイナーが見えたら、塗り替えを検討する時期が近いですね。
 
コーキングが切れてしまっても、すぐに雨漏りにつながることはありません。
 
建物の構造体の前には、透湿防水シートが貼られています。
 
すぐに雨漏りに直結することはありませんが、サイディングの裏側に回り込んでしまうことがあるので注意が必要ですね。
 
コーキング処理として、既存のコーキングの上に増し打ちする方法もあります。
 
しかし、コーキング本来の性能を発揮するには、撤去してから行う打ち換え工事がおすすめですよ。
 

下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
 
★M★

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る