現場レポート

【埼玉】外壁修繕でシーリング工事を行いました!【雨漏り防止】

2020.7.30

埼玉県の蓮田市、さいたま市、春日部市、白岡市、久喜市で屋根・外壁塗装、外壁リフォームをしています、さいたま塗装本舗です!

豪雨がきたと思えば今日は真夏日。

天気が落ち着いたかと思えば地震がくる。

なかなか落ち着きませんが、外壁に「ひび割れ」「シーリングの劣化」を見つけたなら、お気軽にご連絡ください!

雨漏りや住宅の強度低下の原因になるので、ササっと修繕してしまいましょう。

外壁のシーリング工事実績

こちらは外壁のシーリング工事を行なったときの写真です。

【Before】

 

 

シーリングがかなり劣化しています。

外壁にひび割れも起きているので、この状態だと雨漏りの原因になりかねません。

地震の揺れでひび割れが広がってしまうリスクもありますし、近年頻発している豪雨災害のことを考えると早急な外壁修繕はベストな判断でした!

 

【After】

シーリングを打替えて、見た目にも綺麗になりました!

作業の様子もこの後お写真を載せますが、シーリング工事の重要性についてもお伝えします。

シーリング工事をご検討なら要チェックです!

シーリング工事の重要性

シーリングは、外壁のつなぎ目に埋め込むものです。

外壁だけでなく窓枠やサッシや金具のつなぎ目など、家のあちこちで使われます。

シーリング工事が必要な理由

【理由1】住宅の耐震性と耐久性をサポート

弊社ではシーリング工事で「オートンイクシード」を使っています。

シーリングがしっかりしていると、家そのものの耐久性を高め地震が起きたときには伸縮性を発揮して揺れの力を分散させる効果があります。

【理由2】優れた密着性と防水性で雨漏りを防止

シーリングは外壁、窓枠やサッシの隙間にきっちり埋め込みます。

素材も優れた密着性があるので、雨風の侵入を防ぎ住宅の劣化速度を緩める効果があります。

シーリングは劣化するのでメンテナンスが必要

家をより良い状態で長持ちさせるのに欠かせないシーリングですが、経年劣化や紫外線の影響で痩せたり割れてしまいます

条件や素材によって異なりますが、定期的にメンテナンスや打替えが必要。

人の体がメンテナスを必要とするのと同じなんですね。

ただし、弊社が使っているオートンイクシードは耐候性能試験で「30年経ってもさほど変わらない」という結果を出した優等生

頻繁にシーリング工事を依頼するのも手間と費用がかかるので、より高性能なものを使ってメンテナンス頻度を下げるのがベストです。

シーリング工事作業の様子

冒頭でビフォーアフター写真をみていただきましたが、シーリング工事作業の様子を詳しくお伝えします。

こちらは、プライマリー塗りの様子です。

シーリング工事で最初に行うもので、密着性や仕上がりを高めるのに欠かせません。

 

弊社で使っているオートンイクシード

この部分はかなり先まで安心できますね!

 

オートンイクシードを打替えたら、専用ヘラでグッと押し付けていきます。

シーリング工事は長期間かかる施工ではありません。

診断士無料で屋根や外壁を診断、お見積もりを作成しますのでお気軽にご相談ください!

 

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る