現場レポート

埼玉県白岡市 破風・軒天井塗装

2020.12.27

埼玉県白岡市の現場にて破風と軒天井の塗装を行いましたので、現場レポートをご紹介します。

破風や軒天井は木材が使われていることが多いのですが、最近の住宅ではケイカル板や窯業系の材料も使われています。

 

破風や軒天井に木材が使われている場合は定期的に塗装をしてあげないと腐食してしまうので注意が必要。

もし、腐食させてしまうと交換工事が必要になりますので、工事金額も高くなってしまいます。

 

トータル的に見ると腐食や劣化する前に塗装をしてあげる方がメンテナンスコストを抑えることにつながりますので、定期的にメンテナンスすることをお勧めします。

 

メンテナンスが必要な症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

破風塗装の画像

 

上記は破風の仕上げ塗装ををしている写真です。

塗装する塗料の種類によっても耐用年数が変わってきますので、長持ちさせたい方は耐久性のある塗料を選びましょう。

 

軒天井塗装の画像

 

こちらは軒天井を塗装しているところです。

軒天井は材自体も厚みがないため、痛みが出ると強度がなくなり張り替える必要が出てきます。

湿気もこもりやすい場所ですので、張り替えが必要なほど劣化させないように注意しましょう!

 

軒天井塗装の画像

 

湿気対策に軒天井には透湿性のある塗料を塗るといいでしょう。

透湿性のある塗料には防カビ・防藻性の機能が付いているものもありますのでお勧めです。

*mu*

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

  埼玉のお客様の声

もっと見る