現場レポート

埼玉県北足立郡伊奈町 塗装が必要な劣化症状

2021.1.18

埼玉県北足立郡伊奈町の現場の続きをお伝えしていきます。今回は塗装が必要な劣化症状についてご紹介していきたいと思います。こちらの現場はサイディングが張られており、新しい状態の時は外壁材表面に塗装が施されています。

 

しかし、この塗装は経年劣化していきますので、ある程度年数が経ったら再度塗装をする必要があります。塗装する時期は張られている外壁材によって異なりますが、一般的には10年が目安となっています。

 

チョーキングの画像

 

上記の写真のように白い粉が付着する状態をチョーキングといいます。これは塗料の樹脂が劣化して顔料が白い粉状になって現れる症状になります。チョーキングが起きていると、すでに塗装が劣化して性能が低下しておりますので塗り直しする必要があります。

 

ひび割れたコーキングの画像

 

また、サイディングには目地が設けられており、そこにコーキングが充填されています。このコーキングも太陽の紫外線などで劣化し、上記の写真のようにひび割れを起こします。

 

目地コーキングのひび割れは、その隙間から水が侵入して壁内へと流れていってしまうので、劣化を放置せずにコーキングの打ち直しをしましょう。コーキングの打ち替えを行うタイミングは外壁塗装を行う時にすると、工事を一度で済ませることができるため工事代金の節約になります。

 

今回の現場レポートは塗装が必要な症状についてお伝えしてきました。

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」で詳しくお伝えしていますので良ければご参考にしてください。

*mu*

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る