現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁・屋根塗装工事 軒天井の塗装

2021.7.23

埼玉県さいたま市の塗装現場にて軒天井の塗装作業をお伝えします。

こちらの現場の軒天井は合板で仕上げられています。

軒天井はその他にも窯業板やケイカル板などで施工されていることもあり、耐久性も異なってきます。

 

合板は水を吸いますので、湿気も要因して痛みがでやすく、状態には注意しなければいけません。

合板自体もそこまで厚いものが使われているわけではありませんので、痛みが進んでしまうと張り替えなければいけなくなってしまうこともあります。

 

また、下地処理のケレンでは、合板が薄くなるため、傷んでいると十分な下地処理ができなくなってしまい塗装の保ちも悪くなってしまう可能性があります。

このため、なるべく痛みが出る前に塗装で保護してあげることが望ましいです。

 

下地処理の重要性についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

軒天井塗装の画像

 

湿気がこもってしまう原因の一つが屋根です。

屋根は熱を蓄積しやすく、その熱が小屋裏へと移動して湿気が多くなります。

 

小屋裏の湿気が軒天井の状態を悪くさせてしまうため、湿気対策として軒天井には透湿性のある塗料を使うといいでしょう。

 

塗料のことをもっと知りたいという方はこちらの「塗料について」でもお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

塗料にはいろいろな性能がありますので、塗装する素材や場所、環境など目的に合わせて選ぶことが大切です。

*mu*

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る