現場レポート

埼玉県さいたま市 外壁・屋根塗装工事 コーキング打ち替え

2021.7.23

埼玉県さいたま市の塗装現場にてコーキングの打ち替え作業をお伝えします。

コーキングは太陽の紫外線などが原因して経年劣化を起こします。

 

一般的に塗装よりも早く劣化する傾向にあり、コーキングは防水としてとても重要な役割があるため、状態には注意しておきましょう。

 

コーキングの劣化症状は、ひび割れ、硬化、隙間、などがあります。

こういった症状が出ていると防水性が低下していますので、コーキングの打ち替えを検討しましょう。

 

防水工事をご検討されている方はこちらの「防水工事」をご覧ください。

 

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングの打ち替えは劣化したコーキングを剥がしてから、充填箇所の両端にマスキングテープを貼って養生をし、その後にコーキングを打っていきます。

 

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングはコーキングガンという専用の道具を使って打っていくのですが、このままだと表面はデコボコで見栄えがよくありません。

 

きれいな仕上がりにするために、コーキングを打った後はヘラを使って平らに均していきます。

こうすることで、表面がきれいに整い、見栄えも良くなります。

 

コーキングの劣化は建物内に水が入る原因になりますので、劣化した状態を放置せず、定期的にメンテナンスをしてあげましょう。

 

防水工事はこちらの「コーキングについて」もご参考にしてください。

*mu*

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る