現場レポート

埼玉県さいたま市 サイディング 目地コーキング

2021.8.2

サイディング目地の画像

 

今回の現場レポートは、サイディング外壁の目地コーキングについてお伝えしたいと思います。

サイディングは外壁材同士が干渉しないように目地を設けて、そこにコーキングを充填しております。

コーキングは硬化するとゴムのように弾力性がでる防水剤で、屋外工事の他にもお風呂やキッチンなどの室内にも使われます。

 

コーキングの劣化は太陽の紫外線によるもので、一般的に塗装よりも早く劣化する傾向にあります。

サイディングの目地コーキングは、建物内に水が入ってこないようにする重要な施工になりますので、劣化している状態をそのままにするのはよくありません。

 

目地コーキングの打ち替えは建物全体を行うことになりますので、足場を設置する必要があります。

足場代のことも考慮して、コーキングを打ち替える際は外壁や屋根の塗装もご一緒にご検討していただくことをおすすめします。足場は設置ごとに費用がかかりますので、できるだけまとめて工事をしておくと費用の節約になります。

 

足場のことについてはこちらの「外壁と屋根はセットでおトク」でお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

また今回お伝えしたコーキングについてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

サイディングの目地の他にもコーキングは窓などの開口部にも打たれていて、どれも防水に関わる重要なところになります。もし、状態が著しく悪くなっていると雨漏りを引き起こす恐れがありますので、定期的にメンテナンスをしておきましょう。

“mu”

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る