現場レポート

埼玉県春日部市 K様邸 屋根・外壁塗装工事 コーキング工事

2021.8.15

今回の現場レポートはコーキングの打ち替え作業を行いましたのでご紹介していきます。

 

新しくコーキングを打った箇所は壁と屋根の取り合いのところです。

こういった継ぎ目のところは隙間ができますので、コーキングを打って水の侵入口となるところを塞いでいきます。

 

コーキングを打つ際は下地との密着性を高めるためにプライマーを塗っておきます。

ハケを使ってプライマーを塗っていき、その後にコーキングガンという専用の道具を使ってコーキングを充填します。

 

コーキング工事の画像

 

コーキングを打ちましたら、このままでは表面がデコボコで見栄えが良くありませんので、ヘラを使って平らに均します。

 

コーキング工事の画像

 

余分なコーキングを取り除き、きれいに均したらコーキングの打ち替えが完了です。

コーキングは時間が経つと硬化してきますので、固まる前に仕上げるのがポイントです。

 

作業中に固まってしまうときれいに仕上がりませんので、なるべくスピーディーに作業を行うことが大切です。

 

一般的なコーキングは3〜5年ほどの耐久性ですが、最近では耐久性の高いコーキングも販売されました。

特に屋根は太陽の紫外線の影響を受けやすく、風雨にさらされる場所ですから耐久性の高いものを使用していくことが大切です。

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」でお伝えしておりますので、ぜひご参考にしてください。

“mu”

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る