現場レポート

埼玉県春日部市 K様邸 屋根・外壁塗装工事 タスペーサーの取り付け

2021.8.19

タスペーサーの取り付けの画像

 

今回の現場レポートはタスペーサーの取り付け作業をご紹介していきたいと思います。

タスペーサーとは屋根の縁切り作業で使う部材です。

 

屋根は一枚一枚重ねて葺いてあるのですが、通気や水の出口となるように隙間ができています。

屋根の塗装を行うとこの隙間が塗料で密閉されてしまうため、これを防ぐために縁切りを行って隙間をつくります。

 

タスペーサーが出る前はカッターで塗膜を切って隙間をつくっていましたが、一箇所ずつ手作業で行うということもあって手間がかかり、精度も不安定でした。

 

タスペーサーの場合は屋根に部材を挟むだけで隙間をつくることができますので、作業の手間も減り、高い精度で仕上げることができます。

 

タスペーサーの取り付けの画像

 

屋根の塗装ではこの縁切りの工程がとても重要となりますので、屋根塗装をご計画されている方は、どんな目的があって行われるのか知っておくことが大切です。

 

屋根塗装で縁切りをしないと隙間がなくなり密閉された状態になりますので、屋根材の下に入った水が外に流れなくなり溜まってしまいます。

 

また、水分が屋根材の下に溜まることで湿気がこもりますので、ルーフィングや野地板の劣化を早める原因になります。

 

状態が悪化すると雨漏りを引き起こす可能性がありますので、問題が起きないようにしっかり縁切りを行って通気性と水の出口をつくることが大切です。

 

縁切りやタスペーサーについては以下のページでお伝えしておりますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

 

「下地調整の重要なポイント5 縁切り作業」

 

「雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」

“mu”

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る