現場レポート

埼玉県春日部市 K様邸 屋根・外壁塗装工事 軒天井の塗装

2021.8.25

軒天井の塗装の画像

 

埼玉県春日部市の塗装現場にて軒天井の塗装作業をお伝えします。

軒天井は直接雨にあたる場所ではありませんので、そこまで汚れていないと思われるかもしれませんが、風に舞ったホコリが付着してけっこう汚れています。

 

湿気がこもりやすいということもあってカビやコケが発生しやすく、軒天井が痛んでしまうと張り替えをしなければいけなくなってしまうこともあるため状態には注意しておきたいところです。

 

軒天井の塗装の画像

 

塗装工程は下地処理後に上塗りを2回行います。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

使用する塗料によって下塗り剤が必要なものもありますので、選定した塗料の施工要領書をよく確認して作業を進めることが重要です。

 

軒天井の材厚はそこまでありませんので、痛んでいるとケレンができないことがあります。

ケレンでは多少ではありますが、材厚が薄くなるため、ある程度ケレンができる強度がないとできません。

 

もし、下地処理が適切に行えないと塗装の耐久性に関わります。

また、劣化症状が進んでいる場合は張り替えをしなければいけないケースもありますので、なるべく劣化が進んでいないうちに塗装をしておきましょう。

 

軒天井の塗装の画像

 

軒天井の塗料は湿気やコケ、カビの対策として透湿性と防藻、防カビの性能がある塗料がおすすめです。

塗料は塗装する素材や環境などに適したものを選ぶことが大切ですので、塗装箇所に合わせて適した塗料を選びましょう。

 

塗料の詳しいことについてはこちらの「塗料について」をご覧ください。

“mu”

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る