現場レポート

埼玉県白岡市 屋根塗装 屋根 棟板金の補修

2021.8.27

屋根板金の画像

 

屋根塗装では損傷しているところや不具合箇所がある場合、塗装前に補修を行っていきます。

屋根で多く不具合のでるところが棟板金です。

 

棟板金は屋根材の継ぎ目のところに被せる板金部材で、下地の貫板に釘を打って固定してあります。

屋根は風雨にさらされる場所で風にもあおられやすい環境のため、痛みが出るのも早いです。

 

風で棟板金が飛ばされてしまう被害も多くありますので、なるべくこのようなことが起こらないようにメンテナンスを行っておきましょう。

 

自然災害による損傷の場合は、火災保険を使って修理できることがあります。

火災保険を使った修理の詳しいことについてはこちらの「火災保険・地震保険の利用」をご覧ください。

 

屋根板金の画像

 

屋根板金のところは、釘が抜けていたり、コーキングが劣化していたりします。

塗装前にこれらの損傷は必ず補修しておくことです。

塗装をしてしまえば見た目上ではきれいになり目立たなくなりますが、損傷が直っているわけではありません。

 

屋根板金の画像

 

劣化しているところをそのままにしているということは、根本的な解決になっていませんので、現地調査でどんな劣化症状がでているかを細かく確認し、適切なメンテナンスをしていくことが重要です。

 

ケイナスホームは専門スタッフが現地にて建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

“mu”

埼玉のお客様の声

もっと見る