現場レポート

埼玉県さいたま市 屋根・外壁塗装工事 屋根のタスペーサーの取り付け

2021.10.13

タスペーサ設置の画像

 

本日の現場レポートは屋根塗装の作業をご紹介します。

屋根塗装は外壁塗装と工程は似ていますが、一つだけ外壁塗装にはない工程があります。

それが縁切りです。

 

縁切りとは?

タスペーサ設置の画像

 

縁切りとは屋根材が重なる部分に隙間を作る作業のことです。

屋根材は一枚一枚重ねて葺いてあって完全に密閉されているのではなく隙間があります。

 

屋根材で完全に防水できるわけではありませんので、屋根材の下に入ってしまった水はルーフィングで防水し、屋根材の隙間から水が外に流れていく構造になっています。

 

なぜ縁切りが必要?

それではなぜ縁切りが必要になってくるかというと、屋根を塗装すると塗料で屋根材がくっついてしまい元々あった隙間を塞いでしまうからです。

 

屋根材に隙間がなくなってしまうとどうなるかというと、屋根材の下に流れた水が外に流れていかず溜まってしまいます。

 

水が屋根材の下に溜まってしまうとルーフィングや野地板を痛める要因に。

また、通気もできなくなってしまいますから湿気がこもります。

 

このような状態だと、屋根はあまり長持ちせず雨漏りを引き起こしてしまう恐れがあります。

ルーフィングや野地板を損傷させてしまうと、塗装では直せず葺き替えやカバー工法などの修理が必要となりますので注意しましょう。

 

屋根は高い場所にあり中々状態を肉眼で確認することができません。

屋根に登るのは非常に危険ですので、専門業者に依頼して点検してもらうことをお勧めします。

 

さいたま塗装本舗は無料で建物診断を行なっておりますので、屋根の状態を知りたいという方はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

縁切りの方法

 

縁切りはカッターで塗膜をカットするか、タスペーサという部材を使う方法があります。

タスペーサーは樹脂素材の部材を等間隔で屋根材の間に差し込むだけですので、施工が容易なこと、品質の安定、工期の短縮が図れます。

 

縁切りについては「下地調整の重要なポイント5 縁切り作業」でもご説明しておりますので、良ければこちらもご一緒にご覧になってください。

 

タスペーサーについてはこちらの「雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」をご覧ください。

 

雨漏りは建物の性能を落としてしまい修理するにも工事規模が大きくなりやすいです。

大切なお家を維持していくためにも普段から建物の状態を気にしておき、適切なタイミングでメンテナンスすることが大切です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

屋根塗装では外壁塗装にはない縁切りという工程があることを押さえておきましょう。

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る