現場レポート

埼玉県さいたま市 屋根・外壁塗装工事 外壁のコーキング打ち替え

2021.10.16

本日は埼玉県さいたま市の塗装現場の作業をご紹介します。

コーキングという材料はご存知ですか?

建物の防水によく使われているコーキング。

 

実はホームセンターでも販売されていて手に入れやすく身近な材料なんです。

このコーキングのことをシーリングとも呼び、建物の防水に重要な役割を持っていますので、塗装工事に限らず建物のメンテナンスをご検討している方はコーキングんことを知っておきましょう。

 

サイディングなどの目地のある外壁材にはコーキングで防水がされている

コーキング打ち替えの画像

 

こちらの現場のように目地のある外壁はコーキングを打って防水処理がされています。

コーキングは硬化するとゴムのように弾力が出ますので、外壁材の干渉を防ぐことができます。

 

外壁材の干渉?と思われるかもしれませんが、建物は常に揺れていて、外壁材を継いで施工している外壁は、ピッタリとくっつけて外壁材を張ってしまうと外壁材同士がぶつかって破損する恐れがあります。

 

外壁材同士が干渉して損傷してしまうのを防ぐために目地を設けるのですが、もちろんこのままでは隙間ができている状態ですので、水が屋内に入ってきてしまい雨漏りしてしまいます。

この隙間を塞ぐのに使うのがコーキングです。

 

こちらの「コーキングについて」もご参考にしてください。

 

コーキングの劣化症状と施工手順

施工前の画像

 

コーキングが劣化すると上記の写真のようにひび割れを起こしてきます。

その他の劣化症状にはコーキングの伸縮により隙間ができてしまう症状もあります。

コーキングの施工手順は以下のように進みます。

 

既存コーキング剥がしの画像

 

手順1:既存コーキングを剥がす

手順2:マスキングテープで養生をする

手順3:コーキング充填箇所にプライマーを塗布

手順4:コーキングを充填

手順5:ヘラで均してコーキング表面を整える

手順6:マスキングテープを剥がして作業完了

 

コーキング打ち替えの画像

 

もっとコーキングのことを知りたいという方はこちらの「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」もぜひご覧ください。

 

コーキングの施工方法は打ち替えと増し打ちがある

コーキングの施工方法は打ち替えと増し打ちがあります。

打ち替えは既存のコーキングを剥がして新しく打つ方法、増し打ちは既存のコーキングの上から新しくコーキングを打つ方法です。

 

どの施工がいいかは施工箇所の状態によって変わりますので、一概にこの方法が最適と一つに絞ることはできません。

建物は一棟一棟劣化状態や環境、使われている素材などどれも違います。

 

大切なのは建物に合った施工方法で工事を行なっていくことですので、メンテナンス工事をされる方は、まず建物がどんな状態でどんなメンテナンスをした方がいいか専門業者に点検してもらうことをお勧めします。

 

さいたま塗装本舗は無料で建物診断を行なっておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る