現場レポート

埼玉県白岡市 濡れ縁の撤去〜造作〜塗装

2021.10.22

本日の現場レポートは埼玉県白岡市の現場にて濡れ縁の撤去〜造作〜塗装の作業を行いました。

濡れ縁は小さな縁側のようなもので、木材で造作されたものから樹脂製、アルミ製などの使われている素材に種類があります。

 

こちらの現場の濡れ縁は木材で造作されたもの。

既存の状態はだいぶ傷んでしまっていて、今回は新しく造作しなおすことになりました。

それでは濡れ縁の作業をご紹介していきます!

 

既存濡れ縁の撤去

濡れ縁施工前の画像

 

既存の濡れ縁はだいぶ傷んでしまっている状態です。

塗装は剥がれ木材自体も劣化しています。

 

木材は塗装で保護しておかないと水を吸ってしまうため腐食を起こしてしまいます。

さらにシロアリを寄せ付ける原因にもなりますので、なるべく被害を出す前に対策をしておくことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

濡れ縁撤去の画像

 

木桟や土台などを外して撤去していきます。

木桟は釘を打って取り付けられていますので、下から玄能で打てば取り外すことができます。

 

濡れ縁工事の画像

 

濡れ縁工事の画像

 

濡れ縁を撤去したら取り付けてあったところの外壁を塗装します。(濡れ縁の作業は外壁を塗装した後に行いました)

 

濡れ縁の造作〜塗装

濡れ縁施工後の画像

 

撤去後は新しく濡れ縁を造作していくために木材を加工して組んでいきます。

既存の濡れ縁を利用して悪くなっているところだけ補修することも可能ですが、今回は痛みもけっこう出ていましたので新しく作り直すことにしました。

 

濡れ縁施工後の画像

 

濡れ縁を組み上げたら塗装をします。

前述したように木材は塗装をしていないと水を吸ってしまうため、腐食が起きないように全体的に塗装をする必要があります。

 

こちらの濡れ縁はオイル塗料で仕上げています。

外壁塗装で使う塗料とは少し違って、オイルベースの塗料ですので、木材に塗料が染み込んで色がついていきます。

 

オイル塗料は木材の木目を潰さずに塗装をすることができますので、木の風合いを全面に出すことができる特徴があります。

 

木製の玄関やフェンスなどにもオイル塗料はよく用いられますので、もし木目を活かして塗装をしたいという方はオイル塗料を検討してみてください。

 

塗料にはいろいろ種類がありますので、良ければこちらの「塗料について」もご一緒にご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も現場作業をお伝えしていきますので楽しみにしていてください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますのでメンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0縁見積もり」をご覧ください。

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る