現場レポート

埼玉県白岡市 屋根・外壁塗装工事 サッシのコーキング打ち替え

2021.10.24

埼玉県白岡市の屋根・外壁塗装工事の現場にてサッシのコーキング打ち替えの作業を行いました。

コーキングは建物の防水に欠かせない建材です。

 

太陽の紫外線などが原因で劣化してくるため、定期的に打ち替えが必要ですので外壁や屋根の塗装を行う際は、ぜひご一緒に行うことをお勧めします。

 

それではコーキングの打ち替え作業をお伝えしていきます!

 

サッシのコーキング打ち替え

【既存コーキング剥がし〜養生〜プライマー塗布】

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングの打ち替えには古くなったコーキングを剥がして打ち替える方法と元々のコーキングの上に打つ増し打ちがあります。

 

今回は既存のコーキングをすべて剥がさず傷んでいるところだけ剥がし、その上からコーキングを打つ増し打ちで行うことにしました。

 

サッシのような防水に関わる場所は、無理に既存のコーキングを剥がしてしまうと、かえって水が入る原因を作ってしまうので注意が必要です。

 

古くなっているコーキングをある程度剥がしてから清掃をした後は、コーキングを打つためにマスキングテープで養生をしておきます。

 

硬化する前のコーキングは粘りがあって横に広がりますので、外壁など余計なところにコーキングがついてしまいます。

 

後で拭き取ることもできますが、清掃の手間が増えてしまうのと、素材によっては拭き取りきれないものもありますので、あらかじめコーキングがつかないようにマスキンテープを貼って養生をしておくことが大切です。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」でも触れていますので、ぜひこちらのご覧ください。

 

養生を終えたらコーキングを打つところにプライマーを塗ります。

プライマーは接着剤の役割があり、コーキングが下地から剥がれにくくなります。

 

【コーキングの充填】

コーキング打ち替えの画像

 

プライマーを塗った後はコーキングを充填していきます。

コーキングは水の侵入を防ぐためにありますので、隙間ができないように充填していくことが大切です。

 

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングを充填したら表面をヘラで平らに均します。

 

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングガンだと表面がデコボコですので、ヘラを使うことで見栄えよく仕上げることができます。

ヘラで均した後はマスキングテープを剥がしてコーキングの打ち替えは完了になります。

 

コーキングは時間が経つと硬化しますので、その前に仕上げる必要があります。

作業中にコーキングが固まってしまうときれいに仕上げられなくなってしまいますので手際よく作業を行うことが大事です。

 

一般的なコーキングの耐用年数は5年ほどですが、現在ではメーカーから耐久性の高いコーキングが販売されていますので、コーキングの打ち替えを考えている方はぜひご検討してみてください。

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をお伝えいたしますので楽しみにしていてください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る