現場レポート

埼玉県白岡市 付帯部 破風板 ケレン〜下塗り〜上塗り

2021.10.31

埼玉県白岡市の現場にて付帯部に含まれる破風板のケレンから下塗り、上塗りの作業を行いました。

こちらの現場の破風板は木材でしたので、定期的に塗装をしないと腐食を起こしてしまいます。

 

破風板のある場所は屋根や雨樋に近いため水に触れやすく、塗装が劣化しているとすぐに傷んでしまいますのでご注意ください。

 

塗装の劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【破風板が腐食してしまうと困ること】

雨樋は破風板を下地にして取り付けられていますので、破風板が腐食してしまうと雨樋の固定に支障が出る可能性があります。

 

雨樋の固定が弱くなってしまうと風に煽られて飛ばされてしまう可能性があり、周辺の建物に被害を与えてしまうかもしれません。

 

また、高い場所にある破風板は修理するのに足場が必要になってきます。

破風板だけを直すために足場を設置するのは割高ですから、費用の負担のことを考えてもなるべく腐食しないように塗装をして保護しておくことが大切です。

 

メンテナンスコストを抑えるには、劣化を進めないことです。

損傷が大きくなるほど工事規模が大きくなる可能性があり、その分の費用も増えてしまうため、適切なタイミングでメンテナンスすることが費用節約につながります。

 

建物の状態を知りたい方は当社の無料診断をご利用ください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

【破風板の塗装作業】

破風板のケレンの画像

 

最初にケレンを行いました。

ケレンは旧塗膜を取り除いたり、塗布面を平滑にしたりする作業です。

この作業を行うことで塗装が密着しやすくなります。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

続いて仕上げ剤で塗装です。

塗装の密着が悪い場合はシーラーで調整しておく必要があります。

今回は濃いめのブラウンで破風板を塗装しました。

 

破風板の塗装の画像

 

仕上げ剤の塗装は2回行うのが基本です。

塗装は1回に塗れる量が決まっています。

 

1回の塗装でたくさんの量を塗ってしまうと、塗料に含まれる水分が原因して膨れを起こしてしまうことも。

膨れは塗膜が風船のように膨れてしまい、塗膜が浮いた状態になります。

 

浮いた塗膜のところに水が入ってしまうと、下地にくっついている塗膜まで剥がれてしまいますので、施工不良がないように正しい作業を行うことが大事です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

破風板も建物のアクセントとなりますので、どんな色で塗装するかこだわってみましょう。

 

色選びの際ははカラーシミュレーションもご用意しておりますので、色選びに迷ってしまう方はぜひご利用ください。

 

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る