現場レポート

埼玉県白岡市 外壁塗装 ケレン〜下塗り〜中塗り〜上塗り

2021.11.2

外壁塗装の画像

 

埼玉県白岡市の現場にてケレンと下塗り、中塗り、上塗りを行いました。

 

外壁の塗装は10年ほど経ってくると劣化してきます。

 

劣化症状や年数が経っている場合は塗り替え時期となりますので、塗装工事をご検討ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

建物の状態は見ただけでは判断できないこともありますので、建物の状態や塗装時期かどうか知りたいという方は塗装業者に依頼して点検してもらうことをお勧めします。

 

当社も無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

それでは外壁塗装の作業をご紹介していきます!

 

【外壁塗装の施工】

【下地処理 ケレン】

下地処理の画像

 

塗装を行う前に下地処理を行います。

下地処理はケレンという作業があり、サンドペーパーなどを使用して塗布面を磨いていきます。

外壁には古い塗装が残っていたり、塗布面が荒れていて塗料が付着しにくくなっています。

 

この状態のまま塗装をしてもすぐに剥がれてしまいますので、ケレンを行なって塗装の密着性を高めていきます。

 

下地処理の工程は塗装の耐久性にとても影響してくるため、適切に行われてなければいけません。

下地処理は塗装の基本ですので、これから塗装をされる方は下地処理の重要性を押さえておきましょう!

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

【下塗り】

外壁塗装の画像

 

下塗りはシーラーやフィラーを使います。

 

この塗料は仕上げ剤とは目的が違い、下地との密着性を高めるために塗ります。

 

建物に塗装されている塗料は塗膜を作って下地に付着する仕組みになっていますので、下地から剥がれてしまっては性能を発揮することもできません。

 

仕上げ剤で塗装する前に、まずは下塗り剤を塗布して下地から塗装が剥がれにくくなるようにしておくことが大切です。

 

【中塗り〜上塗り】

外壁塗装の画像

 

下塗りまでできたら、次は仕上げ剤で塗装をしていきます。

仕上げ剤の塗装は、中塗りと上塗り(上塗り2回と書いていることもあります)の工程で進みます。

 

塗装は1回の塗布量が決まっていて、規定量を超えて塗装してしまうと膨れの原因になります。

 

一気にたくさんの量を塗装すると施工不良を起こすため、仕上げ剤の塗装は中塗りと上塗りの2回に分けて行なっています。

 

【外壁塗装は現場養生もしっかり行なっていくことが大事!】

外壁塗装の画像

 

外壁塗装は塗料が飛散するため、現場を汚してしまわないように養生をしておくことが大事です。

養生を怠ってしまうとせっかく塗装をしたところを傷つけてしまったり、他の塗料がついてしまい後で拭き取らなければいけなくなってしまったりします。

 

養生は塗装工事の基本でもありますので、これから塗装をされる方はしっかり養生をしてくれる業者に依頼することをお勧めします。

 

現場養生や今回お伝えした外壁塗装の工程については「塗装工事の流れ」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧になってください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る