現場レポート

埼玉県上尾市 屋根塗装工事 タスペーサー設置〜棟板金シーリング〜仕上げ塗装

2021.11.14

埼玉県上尾市の屋根塗装工事の現場にて、タスペーサ設置〜棟板金のシーリング〜仕上げ塗装を行いました。

屋根塗装を行う際は外壁塗装もぜひご検討ください!

 

塗装工事は足場を設置しますので、できるだけまとめて工事を行なっておく方がお得です。

別々に工事をするよりも一回で工事を済ませられる方が足場の設置回数が減り、トータルコストの節約につながります。

 

足場についてはこちらの「外壁と屋根はセットでおトク」をご覧ください。

 

それでは屋根塗装の作業をご紹介していきます!

 

【縁切り タスペーサーの設置】

タスペーサー設置の画像

 

縁切りは外壁塗装にはない工程で、屋根塗装では非常に重要な作業になります。

縁切りは塗装で屋根が密閉してしまわないように切り込みを入れて隙間を作る作業です。

 

現在ではタスペーサーという縁切り部材がありますので、屋根材に差し込むだけで縁切りを行えます。

見ただけでは分かりにくいかと思いますが、屋根は一枚ずつ重なって葺いてありますが、完全に密閉されているわけではなく隙間があります。

 

屋根は構造上、水が入るようになっていますので、屋根材の隙間が水の出口となっています。

水が入るのは問題ではないのか?と思われるかもしれませんが、屋根は屋根材が防水の役割を担っているのではなく、下に敷かれているルーフィングが雨から防水しています。

 

ルーフィングが屋根の防水の要と言われるのはこういった理由で、実際には屋根材がなくてもルーフィングが正常なら雨漏りはしません。(ただし、ルーフィングだけだと傷ついてしまったり、風化が早まるため、屋根材で保護しておく必要があります)

 

縁切りをしなければ屋根材は密閉されてしまいますので、水の出口が塞がり、通気も悪くなって湿気がこもってしまいます。

 

このような状態が長期間続けば、やがて雨漏りしてしまいますので、屋根塗装では縁切りがとても重要です。

 

縁切りについてはこちらの「下地調整の重要なポイント5 縁切り作業」もぜひご覧ください。

 

タスペーサーについてはこちらの「雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」をご覧ください。

 

【棟板金のシーリング補修】

棟板金シーリング打ちの画像

 

棟板金は釘が抜けてしまっていたり、釘穴が広がっていたりします。

この状態だと水が入って木下地の貫板が腐食してしまいますので、シーリングを打って防水しておきます。

 

【屋根の塗装 下塗り〜中塗り〜上塗り】

屋根塗装の画像

 

屋根の塗装は下塗りから中塗り、上塗りと進みます。

3回の塗装はどれも同じ塗料を使っているのではなく、下塗りはシーラーという下塗り剤を使います。

これは下地との密着性を高め、仕上げ剤の塗料の吸い込みを抑える役割があります。

 

屋根は雨風にさらされ痛みやすい場所です。

塗装が劣化すると建物も古く見えてしまいますので、美観性を保つためにも定期的に塗装しておくことをお勧めします。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る