現場レポート

埼玉県白岡市 サイディング外壁塗装工事 付帯部 シャッターの下地処理〜下塗り

2021.11.20

埼玉県白岡市のサイディング外壁塗装工事の現場にて付帯部のシャッター、下地処理〜下塗りを行いました。

シャッターの枠はアルミですが、シャッターボックスのところはスチールが使われていますので、塗装が劣化すると色褪せてきます。

 

塗装の古くなったところが残っていると外壁塗装をしても、かえって古いところが目立ってしまいます。

建物の美観性を向上させるためにも塗り残しがないようにしましょう。

 

【塗装はなぜ劣化する?】

外壁塗装に使う塗料は顔料と樹脂、添加剤の配合により作られています。

塗装は永続的なものではなく、どうしても経年劣化を起こしてしまいます。

 

昔の塗料と比べると現在ではシリコンやフッ素、劣化因子ラジカルを抑制する機能塗料などが出ていますので、耐用年数も長くなりましたが、それでもいずれは塗り替えが必要になります。

 

塗装が劣化してしまうのは太陽の紫外線による影響や雨風にさらされることによる摩耗、建物の揺れなどの衝撃や温度の変化によって起こる塗膜の伸縮などが原因してしまいます。

 

塗装の劣化症状でよく確認できるのがチョーキングです。

この現象は塗料に含まれる樹脂が劣化して顔料が白い粉になって現れてきます。

 

チョーキングが起こっていると塗料の性能は落ちて、防水性も低下してきますので、建物を保持することが難しくなります。

 

大切なお家を長く維持していくためには、できるだけ劣化症状となるサインを見逃さないことです。

もし劣化している兆候が見られましたら、そのままにせず塗装することが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【付帯部 シャッターの下地処理〜下塗り】

それではシャッターの下地処理と下塗りまでの作業をご紹介していきます。

シャッターは前述しましたようにボックスのところはスチールになっています。

 

アルミのところは塗装をしないの?と思うかもしれませんが、痛みにくく色褪せも起こりにくいアルミは、一般的に塗装に含めていないことが多いです。

 

また、スチールやトタンのような鉄とは塗装方法も異なるため、正しく塗装をしないとアルミの場合はすぐに剥がれてしまいます。

 

お客様のご要望によって対応することになりますので、なにかお困りのことや不明点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声かけください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

シャッターケレンの画像

 

塗装前は下地処理のケレンを行います。

ケレンを行うことで塗装が密着しやすくなります。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

シャッター下塗りの画像

 

下地処理後は下塗りです。

下塗りには錆止めを使います。

塗装の付着力を上げるだけでなく、錆が発生するのを防ぐ効果があります。

 

使用する塗料は見積もりに記載されていますので、どの塗料を使うのか工事前に確認しておくことをお勧めします。

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装の料金について」をご覧ください。

 

“mu”

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る