現場レポート

埼玉県白岡市 サイディング外壁塗装工事 付帯部 雨樋の塗装

2021.11.21

施工前の画像

 

埼玉県白岡市のサイディング外壁塗装工事の現場にて付帯部の雨樋の塗装を行いました。

今回ご依頼いただいたお家の雨樋は元々ブラックだったのをホワイトに塗装して仕上げました。

 

雨樋も建物のアクセントになります。

色選びは塗装工事を行う楽しみの一つですので、ぜひこだわってお選びください。

 

色選びはカラーシミュレーションのご利用もお勧めです。

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

【付帯部 雨樋の塗装】

施工前の画像

 

上の写真は施工前です。

既存雨樋の色はブラックですので、そこまで汚れが目立たなく塗装をする必要はないのではないかと思われるかもしれませんが、こちらの雨樋は塩ビ製のものになっておりますので、経年劣化で色が褪せてきます。

 

塩ビ製の雨樋が色褪せると白く濁った色になりますので、外壁塗装できれいになると、今度は色褪せた雨樋が目立ってきてしまい、外観も中途半端な仕上がりになってしまいます。

 

塗装は建物全体を行うことで美観性の向上につながりますので、外壁塗装をされる方はぜひ塗り残しがないように全体的に塗装をしましょう。

 

塗装箇所については見積もりに書いてありますので、詳しくはこちらの「外壁塗装の料金について」をご参考にしてください。

 

雨樋の塗装の画像

 

雨樋の色を変えるだけでも全然印象が違うのがわかるかと思います。

雨樋の塗装工程は他の塗装と基本的には同じように進みますが、雨樋の状態によりシーラーなしで上塗りをすることがあります。

 

塗料の密着性が期待できない場合はシーラーを塗布する必要があり、このようなケースはだいぶ雨樋が痛んでいる時に起こります。

塗装を行うときは施工するところの状態をよく確認して、適切な方法で塗装していくことが大切です。

 

【雨樋の部材とメンテナンスについて】

雨樋は縦樋や軒樋、エルボ、継手、集水器など複数の部材が接合されて構成されています。

接合部は経年劣化すると隙間が生じたり、破損をしてしまったりすることが多いです。

 

破損や不具合を起こしている雨樋は水漏れや強風に煽られて飛ばされてしまう恐れがります。

近隣の建物に被害を与えてしまうケースもありますので、被害を出す前にメンテナンスしておくことをお勧めします。

 

雨樋の部材については「雨どいの役割と各部位の名称」でお伝えしておりますので、ぜひこちらもご一緒にご覧ください。

 

雨樋修理についてはこちらから

 

雨樋は屋根から流れる雨水を排水するために必要な部材です。

もし雨樋がないと水が屋根から落ち、地面に落ちた水と一緒に泥が跳ねて外壁を汚してしまいます。

 

外壁が汚れると塗装の劣化が早まり、地面を抉る原因にもなるため、雨樋は建物にとって必要不可欠な部材です。

建物を保持していくためには定期的にメンテナンスをしておくことが大切ですので、劣化や損傷がありましたら、なるべく早めに対処しておきましょう。

 

当社はお家のメンテナンス工事を承っておりますので、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る